連載
» 2020年08月27日 07時03分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:できる40代は、「これ」しかやらない (1/2)

1万人の体験談から見えてきた「正しい頑張り方」

[大塚 寿,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


「40代でやりたいことができなかった」という後悔

『できる40代は、「これ」しかやらない 1万人の体験談から見えてきた「正しい頑張り方」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトに移動します)

 50代、60代の人に話を聞くと、男性、女性問わず「40代でやりたいことができなかった」と後悔している人が極めて多いのです。

 中でもよく聞くのが、「とにかく目先の仕事を必死にこなしているうちに、いつの間にか40代が終わっており、気が付いたら何も成し遂げられていなかった」という後悔です。

 40代の多くはいわば「プレイングマネージャー」として、リーダーとしての仕事とプレイヤーとしての仕事を同時に求められます。一方、プライベートに関して、さまざまなライフイベントが起こる時期でもあります。40代のもう一つの特徴は、まさにこの「忙しい」ということです。

 そして、忙しさに追われる中で、「こんな仕事をしたかった」「あんなこともやりたかった」という夢をいつの間にか忘れ、ただひたすら仕事をこなすだけの毎日に。一方、プライベートを大事にしたいと思っていたのに、結局それも中途半端に……。そんな後悔をしている人が極めて多いのです。

「頑張れば頑張るほどドツボにはまる」という40代のワナ

 つまり、「一生懸命働けば働くほど、40代を後悔することになる」ということで、考えてみればこれほど理不尽な話もありません。

 では、いったい何が問題だったのでしょうか。

 ひと言で言えば「頑張り方、時間の使い方が間違っていた」のです。

 私はこれまで、3万人以上のビジネスパーソンと出会い、そのうち1万人からは、成功の秘訣や失敗談、人生を豊かにするためのアドバイスなど、かなり詳しい話を聞いてきました。話を聞いた相手は大企業の社長や幹部クラスから、大小の会社の中間管理職、そして個人で活躍する人たちまでさまざまで、その中には誰もがうらやむ大成功を収めた人もいれば、順風満帆だった人生が一転、暗転してしまったような人もいます。

 そうした成功・失敗の話を聞く中で、見えてきたことがあります。仕事や人生には正しい頑張り方、時間の使い方があって、そのセオリーや勘所を外してしまうと、いくら頑張っても成果が出ないということです。

 しかも40代では、20代、30代の頃とは違った「頑張り方」や「時間の使い方」が求められます。それに気付かないと、「頑張れば頑張るほどダメになっていく」という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆