連載
» 2020年11月19日 07時13分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:マーケティングは、モビルスーツである (1/2)

マーケティングを学ばずに素手と竹やりで戦い続けるのだろうか。モビルスーツを手に入れて、海外の企業と互角に戦う道を選ぶ時だ。

[永井孝尚,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた』

 マーケティング力の有無で大きな差がつく時代になった。

 しかし「日本のビジネスパーソンは素手と竹やりで、モビルスーツに乗る敵と戦っている。しかもそのことに気づいていない」と話すのは、マーケティングのプロとして「100円のコーラを1000円で売る方法」をはじめ、数多くの10万部を超えるベストセラーを世に出してきた永井孝尚さんだ。2020年11月に『世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた』(KADOKAWA)を出版した永井さんに、話を聞いた。

素手と竹やりで戦う日本のビジネスパーソン

 「素手と竹やりでモビルスーツに乗る敵と戦っているって、ちょっと言いすぎでは?」と思われるかもしれませんね。しかしこれは私自身の体験です。この状況は現代でもあまり変わっていません。

 30代中頃までの私は「大量の仕事を最速でこなせば勝てる」と考え、現場に密着して製品企画やセールスをしていました。しかし一生懸命やっても成果はイマイチでした。

 その後、勤務先のIBMが新設したマーケティング専門職1期生として、グローバルで展開していたマーケティング研修で学び始めました。その途端に、目からウロコが何枚も落ちました。勝つための戦い方が分かったのです。

 それまでの私には、マーケティング戦略がありませんでした。仕事は速いものの、大量の仕事に忙殺され、ムダも多かったのです。マーケティングの知識があれば、市場を俯瞰的に見て勝てるポイントを見つけ、戦略を立てて飛び道具を正しく使い、余裕で勝てます。本当にやるべきことを決め、ムダなことはしません。

 マーケティング戦略を立てた上で戦えるようになった私は、事業戦略の立案と実施を担当して大きな成果をあげ、会社の成長を実現できるようになりました。独立後はさまざまな業界の人たちにマーケティングを教える立場になりました。また私が主催する永井塾で勝ち方を学んだ人たちは、次々と成果を生み出しています。

 マーケティング巧者の欧米・中国企業は、自由自在にモビルスーツ(つまりマーケティング戦略)を使いこなします。GAFA(グーグル・アップル・Facebook・アマゾン)、テスラ、ネットフリックスといった超優良企業はどこもさまざまな最新マーケティング理論を活用しています。

 マーケティングを学ばない日本企業は相変わらず現場第一主義。素手と竹やりで戦っていて、しかも武器の違いに気がついていません。しかし日本のビジネスパーソンの現場での経験や勘は、まだまだ海外企業に負けていません。モビルスーツを使えば、互角以上の戦いが可能です。しかもこのモビルスーツは、マーケティングを学んで日々の仕事の実戦で使い続ければ、誰でも使いこなせるようになります。使わないのは実にモッタイナイことです。

 マーケティングはキャリアとしても赤丸急上昇中です。先日もファミリーマートのCMO(最高マーケティング責任者)就任が社長就任並みの扱いで報じられました。USJ復活も森岡毅氏のマーケティング戦略によるもの。今後、マーケティングは経営幹部登用の必須条件になるでしょう。

マーケティングを学ぶには?

 マーケティングは、主に米国のビジネススクール(経営大学院、MBA)で進化してきました。100年前、米国で「ビジネスで成功するには幹部に理論を学ばせればいい」と考えた人がMBAをつくりました。私がIBMで学んだマーケティング研修もMBAマーケティングでした。

 マーケティング力をつける近道は、このMBAマーケティングを学ぶことです。

 囲碁の世界で上達の早道は、勝つための「定石」を学ぶことのように、マーケティングでも、まずはMBAマーケティングの基本定石を学べばよいのです。

 ただし注意が必要です。マーケティングは変化が激しいので、10年前は定石でも、いまでは古いものがあります。だから最新のマーケティング理論を学ぶことも必要なのですが、この見極めが難しいのです。どの本を読めばいいか分からないし、多忙な私たちには何十冊も読む時間なんてありません。

 そこでこれらを1冊でつかめるようにしたのが、本書です。

 本書は、定番から最新までMBAマーケティング指南書のエッセンスをまとめた一冊です。世界的に定評のあるマーケティング良書百数十冊の候補から、定番と最新理論をより分けて50冊を厳選しました。この50冊が分かれば、現代のマーケティングには一通り対応可能です。(なおマーケティングへの理解を深めるために、日本人著者の本も10冊入れました)。

 マーケティングを語るのならばこの50冊の内容は最低でも理解してほしいところです。

 ただこの50冊は、難解で分厚い本ばかりです。一方でビジネスパーソンは「要は仕事でどう役立つか」を手っ取り早く知りたいもの。そこで本書は「仕事でどう生かせるか」「分かりやすさ」「面白さ」の3点を重視してまとめました。具体的には、1冊あたり5分でエッセンスをつかめるように50冊の本質を押さえた上で、身近な事例と日々の仕事への指針も加えました。

 さらにマーケティング成功のカギは、俯瞰的に考えることです。そこで本書では、50冊で関連する箇所を参照し合うことで、マーケティングの理解促進も図るとともに、テーマ別に次の6章構成でマーケティングを俯瞰できるようにしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆