ニュース
» 2023年12月20日 09時40分 公開

「最短10分で店から宅配」 ローソン・竹増貞信社長

来春以降は店頭在庫とつながって新しい便利を提供できる。

[産経新聞]
産経新聞

――令和6年春から、店舗のほぼ全商品を宅配で注文できるようになる

インタビューに答えるローソンの竹増貞信社長=8日午前、東京都品川区(関勝行撮影)

 「新型コロナウイルス禍でもウーバーイーツや出前館などと連携して宅配をしてきたが、店舗の在庫をそのまま確認できるシステムになっておらず、販売促進をかけられなかった。それでも1日数万円を売り上げる店もあり、需要は大きい。来春以降は店頭在庫とつながって新しい便利を提供できる」

――目指すコンビニ像は

 「2030(令和12)年ごろにはリアルの世界はコンビニでいい、そこに電子商取引(EC)があれば消費生活はできるよねという状態になる。国内1万4500店舗超をECセンターとして活用し、最短10分でオーダーから宅配までできるようにする。私たちのセンターはアマゾンと比べ小さいが、その分そこら中にある。クイッケスト(最も早い)ECを目指す」

――来年の経済見通しは

 「令和6年春闘で賃上げがどれぐらい行われるかがカギを握る。コストプッシュ型のインフレが足かけ2年ほど続き、今年はそこそこの賃上げが行われたが、実質賃金からみればまだまだの水準。賃金先行型でモノの値段が付いてくる“良いインフレ”に持っていければ景気の下支えになる」

――ローソンの賃上げは

 「私たちもコストプッシュ型ではあるが店頭価格を上げている。まだ(労使交渉が)始まっていないが、しっかり賃上げを行う。労働組合と話をして、納得のいくところで決議したい」

――環境対応にも力を入れる

 「『店舗理想形』改装を掲げ太陽光パネルや省エネ器具を導入してきた。小売店の冷蔵庫は昔から開けっ放しだが、閉めれば二酸化炭素(CO2)排出量を2割削減できる。ひと手間で排出削減がどれぐらい進むかなど、お客さまとコミュニケーションを取りながら扉を設置する実証実験を進めている」(田辺裕晶)


たけます・さだのぶ

大阪大経卒。平成5年、三菱商事入社。14(2002)年、米インディアナパッカーズ社出向、三菱商事広報部、社長業務秘書などを経て、26年ローソン副社長。28年から現職。大阪府出身。54歳。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆