ニュース
» 2024年01月25日 08時41分 公開

「エンジニアリングを強化」 大成建設の相川善郎社長

製造機械などをつくるエンジニアリング事業を強化・拡大する方針を示した。

[産経新聞]
産経新聞

 大手建設会社、大成建設の相川善郎社長(66)は産経新聞の取材に応じ、製造機械などをつくるエンジニアリング事業を強化・拡大する方針を示した。

――令和6年の展望は

相川善郎社長

「新型コロナウイルス禍は業績にさほど影響しなかったが、(資材価格などの)建設物価の上昇は大きかった。価格転嫁できていない契約もあり、業績のV字回復は厳しい状況だ」

――価格転嫁について発注者側の理解は

 「理解はいただけるが、『分かった、払う』とはならない。特に厳しい交渉となるのはオフィスビルだ。『リーシングプライス(テナント仲介料)は上がらないのに、建設費だけ余計にかけるわけにはいかない』と言われるケースが多い」

――6年3月期業績予想は中期経営計画で掲げた目標に届かなかった

 「現行計画はコロナ禍が本格化する前に作ったもので、ここまで事業環境が変わるとは予測できなかった。12(2030)年に向けては売り上げ目標よりも採算性を重視する」

――6年度からの次期中期経営計画を支える事業は

 「土木、建築が主軸。それ以外には(建設会社が製造機械などをつくる)エンジニアリング事業を強化・拡大し、一緒に建築設備事業も受注したい。競争相手は他のゼネコンより、エンジニアリング企業になる」

――昨年、高速道路の改修工事に強い建設会社などを買収した

 「高速道路、橋、トンネルなどインフラのリニューアルは進む。南海トラフ地震や首都直下型地震に備え、整備はさらに重要になる。当社の必要性を満たすM&A(企業の合併・買収)はどんどんやる」

――2024年問題に向けた労務管理の状況は

 「IT化など対策を進めているが、『大丈夫』とは言えない状況。若い人が残業できない分、一時的に管理職にしわ寄せがいくことも想定される。現場の技能者(職人)に関しては、ほとんど問題ない」

――大阪・関西万博の海外パビリオンで、各国が設計、建設する「タイプA」のオファーは受けたのか

 「海外(の国・地域)から受けた1件は実現できそう。今から新規だと、(タイプAは)もう無理だ」(福田涼太郎)


あいかわ・よしろう 東大工卒。昭和55年大成建設入社。九州支店長や建築営業本部長などを経て、令和元年に取締役常務執行役員。2年4月取締役専務執行役員、同6月から現職。長崎県出身。66歳。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆