新時代のプレイングマネジャー育成法

「新時代のプレイングマネジャー育成法」の連載記事一覧です。

新時代のプレイングマネジャー育成法:

同じプログラムを受講しても圧倒的に変わる人とそうではない人がいる。その違いはいったい何であろうか。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
新時代のプレイングマネジャー育成法:

周囲のメンバーがかかわり合うことが育成の連鎖に繋がる。成長を支援し合う組織作りのために意識するべき3つのポイント。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
新時代のプレイングマネジャー育成法:

忙しいは自慢にならない。優先順位ではなく劣後順位を決め「取り組まない仕事」を決めるのがマネジャーの仕事である。そのための6つの方法とは。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
新時代のプレイングマネジャー育成法:

「やらねばならない」を押し付けるのではなく、自分が本当に「したい」ことを伝える。部下の力を引き出すことができるかどうかは、マネージャーしだいである。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
新時代のプレイングマネジャー育成法:

自分の部署は何のために存在しているのか。存在している目的を具体的に答えられるだろうか。メンバーと一緒に考えてみてほしい。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
新時代のプレイングマネジャー育成法:

自らが先頭に立たないかぎり、外部の変化にコントロールされてしまう。自らの意志を持ち、周りに働きかけ状況を変える意志が必要である。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆