日本式イノベーションの起こし方

スティーブ・ジョブズと日本企業の事例から紐解く組織の中からイノベーションを起こす方法。

日本式イノベーションの起こし方:

どうすれば組織の中からイノベーションを起こすことができるのか? 実は日本の組織こそが変化をつくり、イノベーションを起こすことに適しているという。

【井上功 , ITmedia】()
日本式イノベーションの起こし方:

経営者はイノベーションを起こすためにいったい何をすべきか? それはズバリ、慣行の外に出ること。既存事業を推進するために必要な全てのコトから離れてみる。

【井上功 , ITmedia】()
日本式イノベーションの起こし方:

先ず組織が行うべきは、プロセスをつくること。既存事業とは異なる意志決定基準に則って、今までにない決断をするためである。プロセス運用のポイントとは?

【井上功 , ITmedia】()
日本式イノベーションの起こし方:

イノベーションは、上手くいくかいかないか分からない。しかし組織の資源を活用して普及させなければならないという矛盾を抱えている。マネージャーはどうすればいいのか。

【井上功 , ITmedia】()
日本式イノベーションの起こし方:

すべてのイノベーションに共通するのはその発端が人にあるということ。では、いったいどのような人がイノベーターなのか探ってみよう。

【井上功 , ITmedia】()
日本式イノベーションの起こし方:

スティーブ・ジョブズと日本企業の事例から紐解く組織の中からイノベーションを起こす方法。

【井上功 , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆