ニュース
» 2007年12月14日 21時54分 UPDATE

環境に優しいPCなら「割高でもいい」12%

米Forrester Researchの調査によると、米国人の12%が省電力や環境に優しい企業のPC製品なら割高でもいいと考える「ブライトグリーンコンシューマー」だという。

[ITmedia]

 米国人の12%は、省電力や環境に優しい企業のPC製品なら割高でもかまわないと考えている――このほど行われた米Forrester Researchの調査で明らかになった。

 この調査は、5000人の米国成人を対象に行われたもの。

 調査によると、グリーンコンシューマーと呼ばれる環境問題を意識している消費者は41%存在しており、環境に優しい企業のPC製品は割高でも購入すると答えたブライトグリーンコンシューマーは12%存在しているという。

 自動車や一般家電などのコンシューマー製品分野では、すでにグリーン化の流れが進んでいるが、PCはまだ取り組みの初期段階にあると指摘。

 Forrester Researchの上級副社長クリストファー・マイン氏は「グリーンにおけるリーダーシップのポジションは空席だ。どの企業がプリウスのような象徴的な製品をつくれるチャンスがある」と語る。

 現在のところ、Appleの購入者にブライトグリーンに分類されるユーザーが17%と最も多く、HPのCompaqブランドが13%で続いている。

forrester.jpg 出典:Forrester Research

関連キーワード

省電力 | ブランド戦略 | Apple | HP | リサイクル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆