ニュース
» 2008年01月29日 19時51分 UPDATE

日本通運の海運事業部、業務PCを撤廃 シンクライアント環境へ

日本通運は、2008年度にも海運事業部管内の全業務PCをシンクライアントに移行する。ネットワーク再編やPCのリース満了を機に、シンクライアント環境に移行し管理負荷の削減を狙う。

[ITmedia]

 日本通運は、2008年度にも海運事業部管内の全業務PCをシンクライアントに移行する予定だ。同事業部は2006年から段階的にシンクライアント環境への移行を進めてきたが、2008年度には業務PCを撤廃することになる。

 採用したのは、日本ヒューレット・パッカードのブレードPCを使ったシンクライアントソリューション「HP Consolidated Client Infrastructure」。センター側に設置したブレードPCをシンクライアント端末などからネットワークアクセスして利用する形態に置き換える。

 日本通運の海運事業部では、数名のシステム管理者で運用されており、管理の負荷が日々増大していた。ネットワーク再編やPCのリース満了を機に、シンクライアント環境に移行することで、管理負荷の削減を狙った。既に1900台を置き換えており、2008年度にはさらに800台を移行させる。

 ブレードPCによるシンクライアント環境は、センター側にPCを集約するため、パッチの適用やアプリケーションのバージョンアップを一括して行える。またブレードPC上では、Windows OSが稼働し既存のアプリケーションも動作するため、新システムへの移行に対する社員教育も短時間で行えるメリットもあるという。

 システムを導入した日本HPによると、日本通運で稼働している業務PCのシンクライアントソリューションは国内最大級のものとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆