連載
» 2008年02月14日 09時00分 UPDATE

間違いだらけのIT経営:「お子様役員」狂想曲――IT導入の本質を見極める (1/2)

IT導入において、トップとCIOだけではなく、他の各部門役員の存在は、意外に大きなものである。信じられない「奇行」も笑って済ませることはできない。

[増岡直二郎,ITmedia]

ニッチな存在だが重要な役割

 通常、ITとの関わり方でテーマになるのはトップかCIOである。理由はトップの関わりがIT導入成功のための最も重要な要素であるからであり、CIOはITに関わることが任務そのものだからである。

 しかし、彼らを除く経営者が取り上げられることは、多くない。なぜだろうか。トップとCIOさえ充分関わっていれば、IT導入は成功するからだろうか。IT導入の際、その他経営者を当てにできないからだろうか。ユーザー部門を語るときに、そこを管轄する役員も含まれていると考えられるので、あえて別途取り上げて議論する必要がないからだろうか。

 いや、そんなことはない。単に忘れ去られているのだろう。なぜなら、ITを語るときに彼らは、注目されるトップ・CIOと情報システム部門との間にいるニッチな存在だからだ。しかし、役割は極めて重要なのである。

感情むき出しで邪魔をする

 ITが絡んだとき、トップをサポートできないダメ役員がいかに多いことか、筆者は現役時代、あるいはコンサルティングを通じて複数の企業で実感してきた。 

 A社のB取締役経理部長は長年CIOであったが、ある時Cが役員として親会社から派遣され、新たにCIOに任命された。Cは早速Bの路線を修正して、メインコンピュータを撤去し、パソコンでネットワークを敷いて、クライアントサーバーシステム導入の計画を立案、トップの承認を得た。

 プロジェクトチームが稼働を始めたが、Bは機会あるごとに新システムにケチをつけ始めた。陰に陽に「新システムは必ず失敗するぞ」と噂を立て、些細なことに異議を唱えた。信じられない子供じみた話だが、Cは負けずにシステムを完成させた。裏には自分の立場を奪ったCに対する対抗心があっても、表向きは論理的、理性的にプロジェクトに対する反対を述べるならまだしも、社内で先頭に立って根拠のない噂を立てるなど、戦略としても幼稚だ。

 感情的になって反対のための反対に終始する、こうした「お子様役員」は意外に生息率は高いようだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆