ニュース
» 2008年03月27日 11時14分 UPDATE

オフショア開発の標準化を狙う 新日鉄ソリューションズが開発センターを設立

地方拠点やオフショア開発など分散環境での業務プロセスの標準化が、グローバル企業にとっての課題だ。新日鉄ソリューションズは新たに開発センターを設立し、品質の向上を目指す。

[ITmedia]

 新日鉄ソリューションズは、ソフトウェアの品質向上やグローバルでの分散開発を推進するために、4月1日にソフトウェア開発センターを新設する。

 同センターは、標準化された業務プロセスを遂行するためのシステムや開発環境、プロジェクト現場のサポート、ソースコードを自動検査する開発ツールなどを、インターネット回線や専用線を通じてシステム開発チームに提供する。これにより、プロジェクトマネジャーや開発担当者は、案件に対して同社のベストプラクティスを集約したツールを即座に適用できるようになる。

 同社はこれまで、オフショア開発や複雑化するプロジェクトに対応するため、開発プロセスの標準化、可視化によって品質や生産性の向上を目指してきた。2006年10月からシステム開発に必要な機能やインフラを整備し、グローバルな拠点でそれらを活用する次世代分散開発環境のプロトタイプを作成してきた。既に累計50件、総額100億円の開発プロジェクトに対して実証実験を実施した。

 今後、同社が受注するアプリケーション開発については、同センターの統一開発環境を活用し、アジア各国のオフショア開発先を含めた主要パートナーに対してサービス提供する。

 具体的には、4月から開発子会社に加え、大連華信計算機技術有限公司(中国)、FPTソフトウェア(ベトナム)など11社にサービス提供を開始し、順次対象会社を増やしていく。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆