ニュース
» 2008年03月29日 10時33分 UPDATE

災害時に迅速な対応を 明治乳業が新工場をフルIPネットワーク化

明治乳業は新たに稼働した十勝工場にIPネットワークを整備し、緊急・災害時の対応に備える。

[ITmedia]

 明治乳業は3月に操業を開始した十勝工場に、無線LANを核としたIPネットワークシステムを導入した。また工場の管理者には、内外線として利用可能な無線LANデュアル端末「N902iL」を配布した。これにより、緊急時における社員間の連絡体制の強化やコスト削減を目指す。システムを提供したNECが3月27日に発表した。

 新システムは、NECのIPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」と三菱電機の無線LANシステムを中核に構成。明治乳業のデータセンター内にSV7000を、十勝工場内に三菱電機の無線LANアクセスポイント「FS-777G」を120台と、ネットワーク機器「Cプレーンワイヤレスコントローラ」をそれぞれ設置してIPセントレックス(※1)化を実現した。これにより、同規模工場と比較して約15%の構築コストを削減したほか、ネットワーク機器の保守・運用の工数も減少した。システム構築は、NEC、三菱電機、販売パートナーの三信電気が共同で行った。

 また、無線LANデュアル端末の導入により社員の利便性を高める。特に工場責任者、現場管理者、現場担当者という3階層の連携を強化し、緊急対応が必要な場合でも社内外にかかわらず即座に指示伝達できるようになるという。

 十勝工場は、敷地面積は13万8000平方メートル、延べ床面積が3万4300平方メートルで、従業員は約100名。ナチュラルチーズの製造機能などを持つ。

※1 企業内の電話システムをIP電話に切り替え、通信事業者が提供するサーバに接続し通話を行う


過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆