ニュース
» 2008年04月14日 10時51分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:現場力とは、地道な努力の積み重ねで身に付くもの (1/2)

 個人や組織の能力というのは、1日で変わるものではない。地道な努力を積み重ねてこそ変わっていくものだ――早稲田大学大学院教授でローランド・ベルガー会長の遠藤功氏は、「第4回エグゼクティブセミナー」で、「『見える化』による組織の“くせ”づくり」と題した基調講演を行った。

[岡田靖,ITmedia]

改めて認識されるようになった日本企業の「現場力」

 「最近の企業では、いろいろな問題が起きている。これまで当たり前だったことが当たり前にできなくなっている。イノベーションにつながる知恵やアイデアが現場から出てこない。製造も営業も、現場は必死で頑張っているのに、企業としての成果が上がらないのは、現場力が劣化しているから。現場力の劣化は現場だけのせいではない。生き残るために仕方なかったとはいえ、企業はリストラやアウトソーシングなど、現場を削る取り組みを進めてきた。そのツケが回ってきているのだ」と語るのは、3月18日に行われた経営者向けイベント「第4回エグゼクティブセミナー」で登壇したローランド・ベルガーの遠藤功会長。

 同氏が、著書『現場力を鍛える』(東洋経済新報社)を出版してから4年。「現場力」という言葉も、経営のキーワードとして定着してきた。日本企業が、自らの競争力の根源は「現場力」にあること、例えば現場の知恵や創意工夫が企業の優位性をもたらし、イノベーションの端緒もまた現場にある、といったことを再認識しつつある。

「上滑り」しない現場力の考え方とは

 「現場力」という言葉が広まる中では、真に現場力向上に結びつくとは思えないような例も出てきており、現場力を鍛えることに対し、誤解しているケースも少なくないと言えるだろう。どこに問題があるのか。遠藤氏は、2つのポイントを挙げた。

「現場力」をテーマに講演する遠藤功氏 「現場力」をテーマに講演する遠藤功氏

 「まず第一に、組織能力を高めるという意識、自覚が希薄である。現場力を高めていくためには、経営と現場が一体となった持続的な取り組みが不可欠であり、そうしてこそ組織能力すなわちCapabilityによる差別化を行っていくことができる。『当社は現場力で差別化をするのだ』というくらいに本腰を入れて、永続的に取り組まねばならないと思う。そして第二に、自分たちが磨くべき組織能力が何なのか、具体的に明示されていない。自社が磨くべき能力を絞り込むことが重要だ。組織能力を経営テーマとして、きちんとデザインし、明確にして、絞り込んで、その上で徹底して身に付けていくことが欠かせない」

 一方で、具体性のある現場力強化の活動も行われている。日新製鋼では、表面的な事象を追いかけるだけでは現場力の「上滑り」になるという危惧を抱き、現場力の再強化に取り組んでいるという。

 「今までやってきたような顧客のニーズを先取りしていく取り組みができていないのではないかと考え、もう一歩突っ込んだお客様との対話が不可欠とし、“観える化”活動を経営の軸足に置いた。表面的に“見る”のではなく、見えないところまで“観る”というのだ」(遠藤氏)

愚直に“しつけ”と“くせ”を身に付けることが現場の競争力を高める

 現場力の強い企業というのは、どのような取り組みをしているものなのか。「強い現場では、“しつけ”の徹底と、良い“くせ”づくりが愚直に行われている」と遠藤氏は説明する。

 組織の“しつけ”というのは、基本的にできて当たり前のことを示している。「例えば5Sや報・連・相、あるいは安全のための習慣や、挨拶の励行など、当たり前のことさえ、最近ではおろそかにされていて、徹底されていない現場も少なくない。まずは、そういったオペレーションの基礎を、しっかり“しつけ”として身に付けなくてはならない」(遠藤氏)

 その“しつけ”を徹底した上で、優位性をもたらす“くせ”をつけていくというのである。

 「運動となると一過性のものだが、“くせ”というのは組織能力であり、オペレーション上の優位性に直結するものだ。自覚しているか否かは別として、どのような組織にも“くせ”はある。それを、愚直に身に付けて伸ばしていくことが重要だ。例えば改善。トヨタではカイゼンという組織能力があり、現場での日常の思考の中にカイゼンの考え方が組み込まれ、当たり前のものとして行われるようになっているが、この“くせ”を身に付けるのに40年かかった」(遠藤氏)

 また、アイデアを“くせ”とした小林製薬や、スピードを身に付けることに成功した大手金属メーカーX社などの例を挙げ、“くせ”を定着させ、維持・向上させていくことの難しさを示した(詳細は前回記事参照)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆