ニュース
» 2008年08月26日 18時30分 UPDATE

国内ERP市場規模予測を発表 IDC

IDCの調査によると、2007年の国内企業ではJ-SOX法への対応からグループ経営が加速し、会計モジュールを中心にERPの導入が進んだことが分かった。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは8月26日、2007年の国内ERP(統合基幹業務システム)市場規模実績と2008年〜2012年までの予測を発表した。これによると、2007年の国内ERP市場規模は8935億円で、前年比5.4%のプラス成長となった。今後は年間平均で4.3%成長し、2012年には1兆1022億円に達する見込みだ。

 2007年の実績内訳について、セグメント別ではソフトウェア市場が2199億円、サービス市場が5644億円、そのほかが1092億円となった。産業分野別でERPへの投資額の割合をみると、製造業は58.0%、流通業は14.2%、運輸/サービス業が8.6%となった。これまで製造業が中心となりERP市場をけん引してきたが、日本版SOX法など内部統制への対応を背景に、流通業やサービス業での導入が活発になってきた。

 ERPパッケージの機能別の売り上げ内訳は、財務会計が44.4%、人事給与が22.9%となり、2機能で全体の6割以上を占めた。ユーザー企業では財務会計機能に加え、生産管理や販売管理といったオペレーション領域においても積極的にERPを活用する動きが見られた。

関連キーワード

ERP | IDC | 経営 | 会計 | 財務会計 | SOX法 | IT投資


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆