特集
» 2008年11月01日 11時11分 UPDATE

経営のヒントになる1冊:3つの世界を制するものが市場を制する――「戦略学―立体的戦略の原理」

「値段が安く品質も高いのにどうして売れないのだろう?」――こうした戦略の不条理に陥らないための施策とは……?

[ITmedia]

 科学哲学者カール・ライムント・ポパーは、科学的知識を発見する方法やその論理的構造を研究する過程で、人間は物理的肉体的な世界(世界1)のほかに、人間の心の状態の世界(世界2)、そして人間だけが持つ知性によって理解できる知識や価値やネットの世界(世界3)が実在していることを発見した。

『戦略学―立体的戦略の原理』 著者:菊澤研宗、定価:2520円(税込)、体裁:B6 204ページ、発行:2008年8月、ダイアモンド社 『戦略学―立体的戦略の原理』 著者:菊澤研宗、定価:2520円(税込)、体裁:B6 204ページ、発行:2008年8月、ダイアモンド社

 この三次元的な世界観に対するポパーの着眼は、今日、われわれに人間の五感では測ることのできない心理的世界や知性的世界の存在を理解することの重要性を教えてくれている。周知のように、今日、ビジネスの世界では、人間の心理的世界や知識、理論、技術、権利、価値、インターネットといった人間の知性によって理解できる知性的世界を対象としたビジネスがますます重要性を増している。今や企業にとって、ポパーが展開した物理的世界、心理的世界、知性的世界からなる三次元的な世界観に基づく多元的立体的戦略が求められている時代が来ているといってもいい。

 このような状況の中、より安くより品質のいいといった五感で測れる物理的世界の特徴だけを追求するような一面的経営戦略、つまりポーターの競争戦略論や資源ベース理論では、人間の心理的世界や知性的世界を無視することになる。それらの世界で大変化が起ったとき、企業は変化に適合できず、容易に淘汰(とうた)されてしまうだろう。

 このような現象は1つの世界では合理的に適応しているのに、別の世界では不適合になってしまう。つまり「戦略の不条理」に陥ってしまうのである。例えば、「わが社の製品は、誰が見てもどの企業よりも価格が安く品質もいいのに、どうして売れないのか?」といった状態である。

 本書は、こうした戦略の不条理を回避するために、先の3つの世界を対象とする立体的大戦略(キュービックグランドストラテジー)の必要性と現代的意義について明らかにし、新しい戦略の基本原理と実践的応用の方法について説明する。本書は、既存の一面的な経営戦略論の知識で満足している人たちに対して、新たな刺激を与えるきっかけとなるだろう。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆