ニュース
» 2009年01月30日 08時00分 UPDATE

NTTデータ イノベーションカンファレンス 2009 Report:“3本の矢”を軸に従来モデルからの脱却を――NTTデータ・山下社長

請負型中心のシステムインテグレーターからの脱却を目指すべく、ビジネス領域の改革、拡大に力を注ぐNTTデータ。今後の事業展開において鍵を握るのが“3本の矢”だという。

[伏見学,ITmedia]

 NTTデータは1月29日、1988年の創立以来初となるプライベートイベント「NTTデータ イノベーションカンファレンス 2009」を開催した。オープニングの講演では同社の山下徹社長が登壇し、今後の経営戦略について「従来のシステム開発にとどまらず、上流コンサルティングと活用サポートにまで事業領域を広げ、総合的なサービスカンパニーの座を確立する」と意気込みを示した。

NTTデータの山下徹社長 NTTデータの山下徹社長

 同社はシステム開発やネットワーク構築などを手掛けるシステムインテグレーター(SI)としての認知が一般的だ。例えば、IT専門誌「日経コンピュータ」が2008年に実施した企業向けの情報システム関連サービスと製品の顧客満足度を評価する調査によると、NTTデータは「メーカー」ではなく「情報サービス会社」に分類されている。それに対して山下氏は「わたし自身は、(NTTデータは)どちらにも当てはまる業態だと考えている」と話す。「当社の顧客企業に対する調査でも、SIよりも事業パートナーやITパートナーとしての認識が強いという結果が出てきている」と説明する。

 とはいえ、SIが主力事業であることには変わりない。山下氏が問題視するのは、これまで請負型中心のSIとして歩んできた点である。「多様化する顧客の要望に対応するためには、請負型という従来のモデルから脱却し、自ら企画、提案していく必要がある」と山下氏は強調する。

事業の基盤となる“3本の矢”

 現在でも「提案型中心のSI」として、ERP(統合基幹業務システム)導入のコンサルティングなどを手掛けているが、今後はさらにその色合いを強めていく。加えて、金融業務の自動化サービスや医薬品業界向けのデータ交換システムといった「サービス」、セキュリティ管理パッケージや次世代ATMシステムなどの「ソフトウェア」という“3本の矢”が今後の同社の事業を支える鍵となる。山下氏によると、この3軸の強化こそが企業の競争力を高める原動力だという。

 具体的には、現在の売上高比率がサービスで20%(2008年度実績で約2000億円)、提案型SIで75%(同7500億円)、ソフトウェアで5%(同500億円)であるのに対し、近い将来にはそれぞれ30%、50%、20%に変えていく。

 「事業バランスを考え、より効果的に3本の矢を強化し、顧客の変革を支援していく」(山下氏)

 こうした主力事業の強化を急ぐとともに、顧客に業務変革やIT戦略を提案する上流工程のコンサルティングと、提案した内容を具現化するための活用サポートにまでビジネス範囲を広げる方針だ。これにより速く、安く、品質の高いサービスを提供することが可能になるという。

 「企業変革という夢のある提案をし実現することで、より多くの顧客の信頼を得ることができるはずだ。グループ会社含め全社員のチームワークによって、SIを超える価値を実現したい」(山下氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆