ニュース
» 2009年05月14日 14時07分 公開

政府主導の次世代スパコン計画、NECが業績悪化で開発から撤退

日本が国策とする次世代スーパーコンピュータプロジェクトの参加企業であるNECが業績不振を理由に撤退を発表した。

[ITmedia]

 日本電気(NEC)は5月14日、業績不振に伴い、政府が国家戦略と位置付ける次世代スーパーコンピュータプロジェクトから撤退すると発表した。

 同プロジェクトは、文部科学省が2006年度から推進する「最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト。世界最先端の次世代スパコンの開発などを目的に、独立行政法人理化学研究所のほか、NEC、富士通、日立製作所の国産ベンダー3社がシステム開発に参加していた。2010年度の稼働、2012年の完成を目指していたが、計画の見直しを迫られる。

 NECはベクトル部の詳細設計を担当していたが、本体製造に関連する投資が相当額発生し、このコスト負担が今年度の業績に大きな影響を与えることが確実になり撤退を決めた。今後は「将来の高速計算機アーキテクチャの研究、大学をはじめとする研究機関とのアプリケーションソフトの展開などの面で貢献する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆