連載
» 2009年10月07日 12時03分 UPDATE

中国ビジネス最前線:今年の長者番付が発表、資産10億元の学生富豪も

中国大陸出身者の長者番付が発表された。昨年の103位から一気にトップに上り詰めたBYDの総裁や、わずか5000元で起業した学生ベンチャー社長などが顔を並べた。

[内田総研グループ,ITmedia]

▽国慶節、天安門で世界最大のショー

 中国は10月1日、建国60周年の国慶節を迎え、世界最大のショーを北京の天安門広場で繰り広げた。

 軍事パレードは150万人規模の厳戒態勢のなか、56隊列2万人の兵士、軍用機151が参加した。合唱・合奏隊は前代未聞の4000人、2万平方メートルのキャンパスの巨大な人文字、8万人で繰り広げたマスゲームを含めると出演者総勢30万人という、類を見ない規模だった。


史上最大の国旗が登場

 当日、1949人が面積約600平方メートルに及ぶ巨大な五星紅旗を掲げ、天安門広場を闊歩した。


世界最大のマスゲーム

 世界最大の広場で、約8万人の青少年が、文字や絵が49回にわたって変わる41枚の絵巻、世界最大のマスゲームで表現した。


世界最大の広場コンサート

 合唱・合奏隊の全体規模も過去最大規模で、連合軍楽団1500人、成人合唱団2100人、児童合唱団300人、民族打楽器楽団130人でそれぞれ構成され、約3時間にわたり、起立したまま歌い、演奏した。


軍事パレード参加者、2万人

 軍事パレードは14の徒歩隊列、30の装備隊列、12の航空編隊の計56隊列が参加した。各隊列は基本的に352人で構成され、151機の軍用機が、9分20秒間にわたり天安門広場上空を通過した。


外国人参加者、181人

 国慶節記念市民パレードには、北京に居住する30万人の外国人の中から181人が選ばれ参加した。


メディア記者、5000人

 建国60周年記念イベントの取材に参加した各種メディアの記者は約5000人、うち外国人記者は1300人余りで、108カ国・地域の計346社に上った。

▽中国の学生富豪、資産総額10億元

 2009年の中国大陸出身者の長者番付で、充電池や自動車製造の香港上場企業、比亜迪(BYD、広東省)の王伝福総裁がトップになった。王総裁の資産額は350億元(約4900億円)で、BYDは米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社の出資を受け入れたことで株価が高騰。昨年の103位から一気に中国最大の富豪に上り詰めた。

 一方、中国の大学生起業家の2009年長者番付(100人)がこのほど発表され、IT(情報技術)関連企業を中心に平均資産は2600万元に上った。中国校友会のサイトなどによると、資産10億元の学生富豪トップは浙江省杭州市でネットゲーム企業を経営する浙江理工大の金津さん(25歳)。オンラインゲーム好きが高じて2005年に資本金わずか5000元で起業し、若者数100万人が利用する3次元(3D)の人気ゲームを開発した。

 最年少は広東省深セン市で広告業などを営む丁仕源さん(19歳)。53位で資産は300万元だった。女性はトップ10人に2人が入り、共に資産1億元だという。

▽中国、戦略的新興産業の発展を強調

 中国国務院の温家宝総理は9月21日および22日、「新興戦略性産業発展座談会」を召集し、経済と科学技術の専門家の意見を聴取した。47人の中国科学院院士と中国工程院院士(アカデミー会員)、大学と科学研究院の教授、専門家、企業と業界団体の責任者が会議に参加した。

 会議参加者は新エネルギーの発展、省エネ、環境保全、電気自動車、新材料、新医薬、生物育種、情報産業について献策した。

 温家宝総理は、危機の中でうまくチャンスをつかむ国は率先して回復し、次の発展において優位を占めることが世界経済発展史で示されていると指摘した。戦略的新興産業の発展は、中国が現在の危機を乗り越え、長期的なレベルアップを図る重大戦略の選択の基礎となり、現在の経済、社会の発展にも重要な役割を果たし、中国の経済社会の持続可能な発展に向けさらに努めていく必要があるとした。



※この記事は内田総研グループ発行のメールマガジン『士業・net』の一部を加筆・修正し、許可を得て転載しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆