ニュース
» 2011年05月06日 08時31分 UPDATE

Google、世界中の検索を地球上に視覚化する「Search Globe」を公開

Googleは、「Search Globe」を製作した3D表示プラットフォーム「WebGL Globe」もオープンソースで公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月5日(現地時間)、Google検索の世界での利用状況を地球上の立体的な分布表示でビジュアライズする「Search Globe」を公開したと発表した。Webブラウザで3D画像を表示させるオープン標準技術の「WebGL」を使っているため、利用できるのは同技術に対応するWebブラウザ(Google Chrome 9以降またはFirefox 4、MacではWebKit Nightly)のみ。

 searh globe

 このツールは、1日にGoogle検索で検索された件数を、3Dの地球上に棒グラフとして表示する。棒は言語によって色分けされている。例えば北米や英国はブルー(英語)の長い棒がぎっしり立っているが、アフリカ大陸はほとんど真っ暗な状態だ。

 Search Globeは、WebGLを使った視覚化プラットフォーム「WebGL Globe」を利用している。GoogleはSearch Globeのほかに、地球上の人口分布を表示する「World Population」も公開した。このプラットフォームのコードはApache License Version 2.0の下で専用ページで提供されており、Googleは開発者に対し、新たなツールを開発したらChrome Experimentsのサイトで公開するよう呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆