連載
» 2012年01月12日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:1万人の諸先輩が語る30代の後悔――一生懸命だけではうまくいかない時代、どう生きればいいのか (1/3)

人生を左右する大きな選択を迫られることが増える30代。自分の強み、自分の力を発揮する場所としてどの領域を選択するかが、その後の40代の収穫を決める。

[大塚 寿,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


 ビジネスパーソンの人生を10年ずつ区切るなら、20代が「種まき期」、30代が「育成期」、40代が「収穫期」、そして40代で収穫したもので50代を過ごし、60代でハッピーリタイアというのがビジネスパーソン“すごろく”であると、これまで紹介してきました。

 これまでの四半世紀にわたるビジネスマン生活で数万人と出会い、その中の約1万人からさまざまな成功談や失敗談、そして後悔していることをインタビューした結果からそのように定義するように至ったのです。

 後悔という点では40代を後悔している人が最も多かったのですが、その次の後悔年齢が30代でした。そこで、今回は第2の後悔年齢である30代について考えてみたいと思います。

30代とはどのような10年なのか

120112otsukabook.jpg 「30代を後悔しない50のリスト」

 では、いったい30代というのは、どんな10年なのでしょうか。

 まずは、顕著なのは公私ともにそれまで「脇役」として過ごしてきてきたのが、いきなり「主役」として生きなければならなくなる点です。

 私生活でも結婚し、それまでは誰かの家族の一員だったのが、今度は「自分の家族」の主体者としての生き方が求められるようになります。

 仕事では20代は、一通り仕事を覚え誰かのメンバーとして働くことがほとんどですが、30代になるとリーダー的な役割を任せられるようになり、管理職になる人も増えてきます。

 しかし、同時にそれは、理想と現実のギャップを生み出す要因にもなりかねません。日本企業の多くは20代のうちはあまり差をつけず、横並びで人材を育成しますが、30代になると逆に差をつける企業が多くなるので、実力の差がハッキリとついてしまうからです。

 そういう意味では一気に差が生まれてしまう10年ということができるでしょう。しかも、それまで格下だと思ってきた同期にあっさりと逆転されてしまったりとか、それまでのやんわりとした序列がガラガラポンされてしまい「素の力」による総入れ替え戦が始まるのです。

 さらに、30代というのは選択の10年でもあります。しかも、人生を左右する大きな選択を迫られるような――。 例えば、結婚するか、出産するか、今の会社に残るか、転職するか、独立するか、家を買うかといった判断に迷うことばかりが集中するのです。

 しかも、一生懸命だけではうまくいかなかったと多くの先人たちが、30代を振り返っています。そんな緒先輩たちの代表的な後悔を2つ選択して、その対処策についても紹介します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆