連載
» 2012年10月04日 07時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:誰でもロジカルに話せる! 魔法の方程式 (1/2)

ロジカルに話すためには、ロジカルに考えることが必要。たくさんの情報から結論を導き出す場合は、表をつくると整理しやすい。

[野村絵理奈,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


 今現在、あなた自身はどれほどロジカルな話し方ができているでしょうか? 早速チェックしてみましょう。

<課題>

あなたの会社に新たなパソコンを購入することになり、A社、B社、C社からの売り込みがきています。次に挙げる条件を考慮し、最終的に購入すべきパソコンはいずれのメーカーのものかというあなたなりの結論を、理由を交えて、30秒ほどで上司に報告してください。(考える時間 5分)


<条件>

 (1)価格は、A社のものはB社に比べ1万円安く、C社のものはB社に比べ2万円高い。

 (2)故障のリスクはA社製が最も高い。

 (3)性能が我が社の作業に適しているのは、A社とB社のものである。

 (4)待機電力消費率はA社、C社が高く、B社は低い。

 (5)デザインや軽さの面でいえば、A社が最もよいが、実務には関係がない。

 (6)仕事上、取引があるのはB社とC社で、A社はない。


 「模範解答」は以下です。解答を見る前に、まずは自分なりの報告を組み立て、紙に書き出した上で、どこか違うかチェックしてみてください。

<模範解答>

 購入すべきはB社製であると考えます。理由は3つです。1つめは、性能面です。我が社の実務に適した仕様であり、故障が少ないこと。2つめは、コスト面です。価格も3社のなかでは平均的で、待機電力も低く抑えられること。3つめは、わが社の取引先でもあること。よって、B社のものを購入すべきと考えます。


121004book.jpg 年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。

 いかがでしたか? 「B社製にすべき」との結論には達したでしょうか? また(1)から(6)の条件のうち、いくつの要素を盛り込めていたでしょうか?

 3つ以上が「合格」、2つ以下は「あまりロジカルではない」ということになります。もちろん「B社製にすべき」との結論に達せなかった、5分でできなかった人も「要トレーニング」です。

 ロジカルに話すためには、その前にロジカルに考える必要があります。 この例題のように、情報がたくさんあり、結論を導き出さないといけない場合は表をつくると、整理しやすいでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆