連載
» 2016年10月27日 07時27分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「働いてはいけない」時代の新しい働き方 (1/2)

「働いてはいけない」環境の中で、大量の仕事をこなすためにたどり着いた「7つのゼロ思考」とは?

[中村一也,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『7つのゼロ思考 外資系コンサルタントも知らない「異次元スピード仕事術」』

 あなたは「24時間、戦えますか」というフレーズをご存知だろうか? 1988年、バブル絶頂期に発売された「リゲイン(第一三共ヘルスケア)」という栄養ドリンクのキャッチコピーだ。1989年の新語・流行語大賞の銅賞にも選ばれている。モーレツに働き、世界に誇れる強いサラリーマンが社会を引っ張っていると考えられていた時代にできたフレーズだ。

 しかし、時代は変わった。違法労働に関して、労働基準監督署の厳しい視線が常に社会に注がれている。また、2016年8月に就任した小池百合子東京都知事は、都庁全職員を対象に「仕事は夜8時まで」との号令を出した。一斉消灯の実施や、夜8時以降に退庁する職員の所属と氏名をチェックする方針だ。ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社は、「週休3日制」の導入を検討していると発表した。優秀な人材を確保することが狙いだという。まさに現代は、「働いてはいけない」時代へと移行しつつある。

 私が勤めていた大手金融機関でも、「働いてはいけない」時代の波の中にあった。私自身、夜8時の絶対退出を命じられた。もちろん土日出勤などもっての他だ。しかも私が働いていた部署は、「ご愁傷さま」と言われるほどの、金融機関で最も忙しい部署の1つだった。さらに、人員が減らされ、仕事を分担していた同期が入院するなど不運が重なり、3人分の仕事を1人で終わらせなければならない状況に追い込まれてしまった。

 しかし、このことは私にとって幸運以外の何物でもなかった。なぜなら、この状況を乗り切る過程で、仕事の進め方が劇的に改善されたからだ。「働いてはいけない」環境の中で、大量の仕事をこなす必要があった私がたどり着いたのは、「7つのゼロ」を導くシンプルな数式だ。次に掲げる「7つのゼロ思考」(同名の書籍をぱる出版より上梓)が、ビジネスパーソンの仕事のスピードを一気に加速させる思考術を提供する。

1、「ボール=0」〈ボール(仕事)を受けたらすぐ離す〉

2、「期待値=0」〈アウトプットの質への期待を低く抑える〉

3、「デスク=0」〈デスクを空にする〉

4、「オリジナル=0」〈ゼロベースから始めない〉

5、「作業=0」〈他人に作業を任せる〉

6、「モレ=0」〈全体を把握し、漏れをなくす〉

7、「モノマネ=0」〈「新しさ」で高いアウトプットを生み出す〉

 ここでは、第1のゼロ思考「ボール=0」〈ボール(仕事)を受けたらすぐ離す〉を紹介する。このたった1つのシンプルな数式で、「仕事が山積みになる」という問題をクリアに解決できる。

 まずは簡単なゲームをしよう。今、あなたのまわりにバスケットボールを持った10人が円を描くように並んでいるとする。そして1人ずつあなたに向かってボールを投げていく。そしてあなたは、そのボールを1つずつ受けとめる。受けたボールを床に置いてはいけない。ボールを持ちきれずに床に落としてしまったらゲームオーバーだ。

 このとき、あなたは10個のボールをすべて受け止めることができるだろうか?

 4〜5個ならなんとか持てるかもしれない。しかし、8個や9個、ましてや10個すべてのボールを受けるとなると、持ちきれずに床に落としてしまうだろう。

 仕事でも同様だ。職場のデスクに座っていると、さまざまな人に仕事の依頼をされる。上司や部下、同僚、同じ部署の他チームの人、他部署の人、さらには顧客からの依頼で、気付けば仕事が山積みになって「仕事が減らない」と途方に暮れる、そんな経験があるのは私だけではないはずだ。

 では、10個のバスケットボールを床に落とさないためにはどうすればよいだろう?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆