連載
» 2017年05月11日 07時11分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:2時間の差は人生の差 (1/2)

あと2時間早く帰れるだけで勉強したり、人に会ったりできる。2時間早く帰ることができる人と、できない人には仕事の量ではなく生産性の差がある。

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


2時間早く帰れるかどうかで、人生が大きく変わる

『なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』

 長時間労働を解決していくのに必要なのは、労働時間を短くすることだけではありません。生産性を上げていくことが大事なのです。

 あと2時間早く帰ることができるだけで、勉強したり、人に会ったりできます。その差は、2時間でしかないのです。2時間早く帰ることができる人と、帰ることができない人には、仕事の量ではなく生産性の差があるのです。

 2時間の差は、人生の差になっていきます。

 以前一緒に仕事をしていて独立した男性と、久しぶりに仕事をすることになりました。彼に会った時に、パッと見て、服装がラフになったと感じました。

「以前はあんなにきっちりとしていたのに、なんでラフになったんだろう」と、違和感を覚えました。会社から独立したので、上司にあたる人がいないからということもあります。

 もう1つ気になったのは、以前は仕事のスピードが速かったのに、遅くなっていたことです。本来、独立してスピードが落ちるのはおかしいのです。それでは食べていけません。

 服装と仕事のスピードは連動しています。

 仕事のスピードを上げたい時ほど、きちんとした格好をすることです。ユニフォームを着ると、仕事は早くなります。軍服や工場のユニフォームも「きちんとした格好」です。汚さないように上着を脱いだり、腕まくりしたりするのは逆です。ラフな格好をすることで、仕事のスピードは遅くなるのです。

独立すると、スピードが落ちる。

 独立して成功する人と、失敗する人がいます。その差は、独立して仕事が早くなるか遅くなるかの差です。独立して仕事が早くなる人は成功し、遅くなる人は失敗するのです。

 本来、独立したら仕事のスピードが上がらないとおかしいのです。ところが、たいていの人はスピードが遅くなります。上司がいなくなるからです。上司がいる間は、上司に「あれはどうなっている?」と聞かれると困るので、必然的にスピードは上がります。

 独立して上司がいなくなった瞬間、締切がなくなって、遅くなります。スピードを上司に合わせていたからです。この感覚の人は、上司が休んだり、気づかれたりしなければスピードが遅くなります。みずからの意思でスピードを上げようとはしないのです。もちろん、独立した人全員が遅くなっているわけではありません。

 上司がいなくなって、

(1)スピードがさらに速くなる人

(2)気が緩んでスピードが遅くなる人

の2通りに、くっきりと分かれます。

 独立して成功する人と失敗する人との分かれ目は、ここにあるのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆