連載
» 2017年07月05日 06時30分 UPDATE

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:ベビー用品のピジョンが圧倒的シェアを獲得できる理由 (2/4)

[伏見学,ITmedia]

山下: 海外のビジネスで成功する要因は2つあると考えています。1つはブランドで、もう1つはディストリビューション。

ピジョンの山下茂社長 ピジョンの山下茂社長

 国内や中国もそうですが、直販体制ではないため、販売代理店網をどう作るかが成功のカギを握ります。ただし、それができてもブランドが認知されていなければ意味がありません。ブランドの信頼性を高めるためは商品やサービスの質が重要です。

 では、お母さんたちはどうやって哺乳器の購買を決めるのだと思いますか? 国内、海外問わず共通するのは、医師や看護師の推奨です。病院で使われている製品は信頼が増すので、ピジョンは病院への普及活動に力を入れました。

 加えて、中国では政府との取り組みによって母乳育児を推進しています。単に哺乳器だけではなく、母乳育児を推進するメーカーとしての立ち位置をとりました。アフターサービスを充実させ、育児の悩みや困りごとなど、商品以外の相談にも乗っています。こうした顧客とのダイレクト・コミュニケーションが効いてきています。

 競合と比べて商品群の幅広さも差別化ポイントになっています。育児全般をトータルでカバーできるメーカーはあまりないです。そして常に新しい価値を持った製品を出すべく、商品開発には力を入れています。ピジョンの「開発力」は基礎研究、行動観察力、デザイン力という3つの柱から成り立っており、これが他社にまねのできない当社ならではの価値を提供する力(コアコンピタンス)の源泉となっています。

大薗: 病院へのアプローチは国内での取り組みに原型があると思いますが、日本と中国を比較したときの共通点は何ですか? 中国独自のものはありますか?

山下: 病院とのつながりに関して、日本より中国の方が強いです。中国の衛生省が推奨している「母乳育児相談室」は10年以上も前からパートナーに認定されています。この相談室は、中国の各省にある大きな病院に設置されていますが、他社が同じことをやりたいと思ってもできないことです。さらに、病産院での医療従事者向けの勉強会を実施するなど、取組を深化させています。

大薗: 国レベルの役所に認定されると、全国の病院に導入できるのですか?

山下: あくまでも母乳育児の相談室なので、哺乳器などの商品はいっさい陳列できません。ただ、ピジョンのロゴが大きく入ったポスターは壁に飾ったりはできます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆