連載
» 2018年01月18日 07時23分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:好かれる人が無意識にしている言葉の選び方 (1/2)

一流のリーダーは、一流の詩人。詩人とは、適切な言葉を選べる人。言葉の使い方で、好かれる人と、そうでない人とに分かれる。

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


「似合いますね」より、「好きです」

『好かれる人が無意識にしている言葉の選び方』

 一流のリーダーは、一流の詩人です。詩人とは、適切な言葉を選べる人です。

 ほめる言葉は、なかなか難しいものです。どうほめていいか、分からないからです。特に、服や髪形をほめるのは、男性でも女性でも難しいものです。

 ほとんどの人が、「その服、似合いますね」と言ってしまいます。これは、○×△で言うと、×ではなく、△です。

 言葉の使い方で、好かれる人と、そうでない人とに分かれます。×の言い方をすると、嫌われます。△は嫌われないだけで、好かれるところまでは行きません。好かれる人は、○の言い方をしています。

 ×の言い方が悪いことは、みんな分かっています。○の言い方を知らない人は、取りあえず△でお茶を濁します。そこに、あと1歩で好かれる人になるチャンスが残っているのです。

 好かれる人は、「その服、好きです」と言います。言われた側にとっては、似合っているかどうかより、好きかどうかの方が大切です。「好き」という言葉が便利なのは、少々似合っていなくても言えるからです。

 時には似合っていない場合もあります。似合っているかどうかは根拠が要ります。「好き」には根拠が要りません。話し手が「好き」だと言うのだから、それ以上の根拠は何もありません。

 根拠は話し手自身です。「好き」は、全てを救う万能の言葉です。

 仕事で出した企画がよくできているかできていないか、面白いか面白くないかには根拠があります。「この企画は面白くないけど、僕は好き」とか「イマイチだけど、僕は好き」とか言われたら、それだけで救われます。

 例えば、部下に厳し過ぎる主任に対して、上司が「もう少し優しく言ってあげた方がいいよ」と、注意しました。そのあとに「でも、君のその厳しさ、僕は好きだよ」と言うことで、その主任は救われるのです。

「こんにちは、ごぶさたしています」より、「あ、○○さん」

 リスペクトされるリーダーと、されないリーダーは、会った瞬間に決まります。

 あいさつするときに、普通の人は「こんにちは。ごぶさたしています」と言います。リスペクトされるリーダーは、あいさつをしません。「あ、○○さん」と、名前を言うだけです。

 正しいあいさつの仕方は、新人社員研修で教わります。マナーの本にも書いてあります。名前を呼ぶのは、それを上回る言い方です。特に、目上の人や1回しか会っていない人に「あ、○○さん」と呼ばれたら、うれしいのです。「あ、○○さん」は、「ごぶさたしています」にも「会いたかったです」にも勝ってしまう印象に残る言葉です。

 デザイナーのカール・ラガーフェルドは、会った人に「オー、ミスター○○」と、名前を呼びます。「Nice to meet you」とか「Nice to meet you again」とかは、一切ありません。それだけで「あのカール・ラガーフェルドが覚えていてくれた」と、感激します。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)「Amazon Echo」「Google Home」をプレゼント! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆