連載
» 2007年12月26日 09時30分 公開

西野弘のとことん対談:棚橋康郎「自分の頭で考え、自分の言葉で語る」(前編) (2/2)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

棚橋 いや、当時の鉄鋼会社は男性的で、おおらかなところがありましたね。そんなわけで、私はゼミもそうだけど、就職も“裏口”なんです(笑)。

西野 その後、八幡・富士の大合併によって新日鉄が誕生しますね。当時、棚橋さんは……。

棚橋 入社7年目、販売管理部の企画係でした。まだ30前の一担当者、その若造が大きな仕事を任せられましてね。合併後の営業組織をどうするか、業務プロセスをどうするか、それを設計するのが私のミッションでした。八幡と富士は戦後、「過度経済力集中排除法」によって旧日本製鉄から分かれた同根の会社で、20年ばかり別々だったに過ぎないんです。しかし、組織は生き物なんですねぇ、仕事のやり方が末端まで変わってしまっていて、統合は苦労しました。

西野 人事も“たすき掛け”と言われましたね。

棚橋 ええ、松葉模様とかね・・・・・・。会社は「和をもって尊しとすべし」などと言っていましたが、私は不満で、中途半端はいかんと思っていました。違いがあるなら、殴り合うくらい徹底的に議論して何が一番いいか決めるべきであって、最大公約数か最小公倍数か分からないようなやり方はよくない。そう思って当時の稲山(嘉寛)社長に会見を申し入れたんです。

西野 社長に? はあ・・・・・・、やっぱり変わられてますよね。

棚橋 一担当者が馬鹿か、という感じですよね(笑)。それでも、稲山社長は握り潰すのも可哀想だと思われたんでしょう。徳永(久次)専務にお鉢が回って、築地の河豚屋に連れてってもらいました。そこで正論を述べたつもりなんだけど、なにしろ、河豚なんて食べたことない。料理に眼がいっちゃってね(笑)。

西野 河豚の毒に当てられちゃったわけですね(笑)・・・・・・。専務さんは何と言われました?

棚橋 まあ、「君たち、その勢いでやりなさい」ということでしたが、徳永さんという人は語尾のはっきりしない人でね(笑)。年輪の差というか、フワーッと包み込まれて終わっちゃいました。ただ当時の新日鉄には、このような行動が許される風土があったんです。

(後編に続く)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆