特集
» 2008年03月28日 07時00分 公開

Wi-Fiウイルスが世界中で猛威を振るう日(前編)ビジョナリーが予測する10年後の情報セキュリティ(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

Wi-Fiウイルスが全世界に猛威を振るう

ミッコ・ヒッポネン氏

F-Secure、最高リサーチ責任者



 今後10年以内に、インターネットの主軸は西から東へシフトする。アジアのインターネットユーザーは、欧米のユーザーの10倍以上になる。その結果、英語系のWebサイトは少数派となって影響力を失い、他の言語サイトが興隆を極めるだろう。今後数年のうちに、中国、インド、その他のアジア諸国で、数億台のコンピュータが新たにオンライン化される。それらのコンピュータは、どの程度しっかり保護されるだろうか?

 いずれインターネットアクセスは、電気と同じようにユビキタスなものになるだろう。そうなれば、人々はもはやインターネット接続を意識しなくなる。電話、MP3プレーヤー、自動車、冷蔵庫、時計……、どのようなデバイスもネット接続が当然とみなされるようになる。そうした状況は、もちろん、われわれに新しいセキュリティ問題を投げ掛ける。

 なかでも、無線による攻撃が大きな脅威として浮上する可能性がある。近距離間でラップトップからラップトップへ感染するWi-Fi Windowsウイルスを想像してみよう。そうしたWi-Fiワームは、企業のファイアウォールやさまざまなセーフガードを飛び越え、近隣のオフィスビルに伝播していくはずだ。そして生物ウイルスと同様、人々の移動とともに、瞬く間に全世界へ感染経路を広げていくだろう。

信頼性の高いシステムアーキテクチャが必須に

ピーター・G・ニューマン 氏

SRIインターナショナル、コンピュータ科学ラボ主席サイエンティスト



 今後解決すべきセキュリティの課題は3つある。

 まず第1に、優れたソフトウェアエンジニアリング慣行と信頼性の高いシステムアーキテクチャをベースとするシステム開発(セキュリティ、信頼性、人的安全性、あらゆる不測の事態に備えるサバイバビリティ、ネットワーキング、相互運用性、発展性、オペレーショナリーアウェアなど)を促進すること。

 第2に、ミニマムなサブシステム、例えば汎用システムのサブセットとして見られがちだったファイルサーバやネットワークサーバなど、特殊用途向けの信頼できるサーバを構築できる、あるいは特定のニーズに合致する信頼性の高いシステムを開発できる効率的なオペレーティングシステムとアプリケーションコンポーネントを実現すること。

 第3に、信頼できるシステムに優れた暗号技術を組み込むこと。そして第4に、信頼できるシステムの構築方法を幅広く教育することだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆