特集
» 2008年04月03日 09時00分 公開

【第3回】ITIL導入には人員カットの覚悟が必要かサービスマネジメントに新たな波(2/2 ページ)

[Matt Villano,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Webサービスを取り込むITIL 3.0

 2007年の5月には、ITILの第3版がリリースされた。いわゆるITIL 3.0である。このバージョンは、7つではなく、5つのコアサブジェクトを扱うものになっている。すなわち、サービス設計、サービス導入、サービスオペレーション、サービス改善、そしてサービス戦略だ。

 この新バージョンで削り取られたものはない。むしろ内容が再編され、よりアクセスしやすいフォーマットに改善されている。ITILのパイオニア、ジョンソン氏によると、バージョン3.0はビジネス活動の変化や最新のITサービスを反映させ、第2版をアップデートしたものだという。とくに新バージョンは、Webサービスを取り込んでいる。

 オークランド郡のバートリーニ氏は、チーム一丸でサービスへのアプローチを改善する中、新しいバージョンへ期待を寄せる。今世紀はじめにITILを実装して以来、バートリーニ氏の部署ではデータウォッチ・コーポレーションのサービスデスクソフトウェアを破棄し、CAのUnicenterでインシデント管理関連のプロセスをリエンジニアしてきた。

 新しいITILがリリースされたら、バートリーニ氏と部下のITプロジェクトマネージャ、ノーマ・ミラー氏は、その内容にそってサービス戦略を修正する考えだ。

 ITILへの取り組みを担当するミラー氏によると、オークランド郡では定期ワークショップを開催し、新バージョンがプロセスマネジメントに今後どのように影響していくか、イントラネット上で発表する予定だという。

 「サービスとはそういうもの。常に変化する」とミラー氏は語る。

 「いまわれわれはベストプラクティスを実践しているが、それらをスタッフが遵守し、必要な変化に積極的に対応できるかどうかは、すべてわれわれの肩にかかっている」

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

根来龍之

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

小尾敏夫

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

郡山史郎

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

西野弘

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

森田正隆

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆