連載
» 2008年05月08日 11時48分 公開

リピート顧客を生み出した、きめ細かなメールの力 食品販売オイシックス(後編)EC新進化論(2/2 ページ)

[林雅也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

今後の展望と課題

 最後に高島社長に、今後のオイシックスの展望について聞いてみた。

――今後の展開についてお聞かせください。

高島 より多く売っていきたいというのはありますが、まだまだ知名度を上げていかなければなりません。一部食品以外のビジネスを始めていますが、この分野ではパートナーと協業できたら面白いだろうなと思っています。例えば、ペットフードにも取り組んでいますが、コーナーのプロデュースは専門の外部の方にやってもらった方がより良くなるはずです。

――食の安全に関して社会の関心は高くなりましたが、そのあたりは感じていますか?

高島 わたしたちにとってはある意味追い風ですが、食の問題はやはりメディアがトレンドだから取り上げているようなところがあります。わたしたちとしては、それにあまり振り回されないで粛々とやっていきたいと思います。


 オイシックスが、今後さらなる拡大を考えていくと、大手が占めている商圏とバッティングをする可能性がある。ECを中心としたモデルがいかに大手の商圏とすみ分けをしていくことができるのか、どのように共存していくのかは注目である。

 中小規模の企業が大手の大量流通と争うのは厳しい。オイシックスが始めたお菓子の専門サイトのように、徹底的にニッチな商品で多様化を図って市場を横に広げていくのも有効な手段であるといえるだろう。

 また、今まで培ってきたECのノウハウは同社の貴重な資産である。今後はそれを他社に対してコンサルティングの形で提供していくことも考えているという。ECに関して一から苦労して経験を積み上げてきたからこそできる機軸として期待される。

取材協力:殿岡良美(ワイズプロジェクト)

プロフィール

林雅也

株式会社ソフトクリエイト EC事業本部本部長

ECサイト構築を行うこと10年、関わったサイトは100を越える。サイトの新規立ち上げから、売上げ向上、効率化など幅広く活動中。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆