コラム
» 2008年05月09日 09時08分 公開

経営者はCIOやIT部門に何を期待するかGartner Column(5/5 ページ)

[小西一有(ガートナー ジャパン),ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

CIOへのアドバイス

表2

 ここで、表2をご覧ください。これは表1の日本とグローバルとの比較です。日本の第1位も「ビジネスプロセスの改善」となりました。昨年の4位から上昇しました。ここには表記されていませんが、2006年は7位でした。グローバルで第1位になった2005年は13位でした。徐々にではありますが、確実にプロセスベースの考え方は日本に浸透しつつあると考えられます。

 そして、その旗手には経営トップからの信認を勝ち取った、CIO/IT部門が選ばれているのです。会社組織の中で、縦割りになっている組織を横串に刺してプロセスベースで業務を設計できるのはCIO/IT部門だけということに、日本の経営者もようやく気がつき始めたのです。

 前出の某企業のように何年も前から気付いている経営者がいらっしゃるのも事実ですし、先進的なCIOとして表彰されるなど成功を収める方々は、既にプロセスベースの考え方を取り入れ、発展させてきました。これらのCIOに共通していえることは、経営トップの信認があってこそ、偉業を成し遂げることができたことです。

 「経営とITの関係を改善する」ことの第一歩は、経営トップに心地良い「ビジネスプロセスの改善」を推進し、結果を出すことにありそうです。ガートナー エグゼクティブ プログラムは、「ビジネスプロセスを改善」することを主導しようとするCIO/IT部門にこうアドバイスします。

 「ビジネスプロセスは、情報システムの問題ではなく、企業の戦略を具現化するための人々の行動そのものなのです。情報システムは、それを実現するためのツールでしかありません」

 そして、「CIOやIT部門がビジネスプロセスの改善を主導することは、企業にもCIOやIT部門にも大きな利益をもたらす可能性があるが、逆に無能さを露呈するリスクもある。十分に準備と検討をしてから取り掛からなければならない」とアドバイスしています。

著者プロフィール:小西一有 ガートナー エグゼクティブ プログラム (EXP)エグゼクティブ パートナー

小西一有

2006年にガートナー ジャパン入社。それ以前は企業のシステム企画部門で情報システム戦略の企画立案、予算策定、プロジェクト・マネジメントを担当。大規模なシステム投資に端を発する業務改革プロジェクトにマネジメントの一員として参画した。ガートナーでは、CIO向けのメンバーシップ事業「エグゼクティブ・プログラム(EXP)」の日本の責任者を務める。日本のCIOは、経験値だけでなく、最新のグローバル標準を研究した上で市場競争力を高めるべきとの持論を持つ。


関連キーワード

CIO | 経営 | 考え方 | ビジネスモデル | CEO


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆