ニュース
» 2008年05月21日 10時53分 公開

「ビジネスへの貢献こそがCIOの責務」――日産の行徳CIO (2/2)

[伏見学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

金は使うが成果はない

 BESTのキーワードは「標準化」だ。2005年以前は高カスタマイズなITシステムが構築されていたが、BESTによってあらゆる拠点の業務プロセスを標準化する。行徳氏は「これまでのITシステムは、お金を使う割りに成果がない、何をやっているか可視化されていないと言われていた」と振り返った。そこでまずは、ばらばらだったシステムをマッピングし直し、全体を把握することから始めたという。

 そうした過程の中でとったアプローチの1つがSOA(サービス指向アーキテクチャ)である。同社のサービス化のアプローチは「トップダウン」と「ボトムアップ」の2つで、前者は変動の激しいプロセスや再利用性の高いプロセスを持つ販売、マーケティング領域が対象となる。後者は「20〜30年経っても変わらない」(行徳氏)という生産部門やサプライチェーン領域が対象になる。メインフレームをプロセスに合わせてモジュール化しSOAを進める。これにより、新たな工場にシステムを導入する際の時間が大幅に短縮できる。

 「これまではシステム導入に1年以上かかっていた。しかし、モジュール化することで事業規模に合わせたシステム構築が可能なため、現在は約9カ月で完了する。今後は6カ月を目指す」(行徳氏)

拡大するオフショア

 オフショア開発もBEST戦略を推し進める上で原動力となる。同社はシステム運用やヘルプデスクといった領域ごとにベンダーを選択するほか、パートナー契約期間も長期(10年)から短・中期にシフトしてきている。

 オフショア拠点は、ルノーと共同のインド開発センターをはじめ、中国、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、スペインなど多くの地域に拡大している。「現在では開発コストの約30%をオフショアに割り当てている」と、行徳氏はグローバルでの開発の広がりを強調した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆