特集
» 2008年05月27日 08時10分 公開

BPMで経営に改革を:【第2回】成功の鍵は決定前の青写真 (2/3)

[John Sterlicchi,ITmedia]

マイクロソフトの参入で業界が大きく変わる!?

 マイクロソフトは今年に投入された「PerformancePoint Server (PPS) 2007」で、BPMベンダーの仲間入りを果たした。この製品はGlobal 2000からミッドマーケットのローエンドまで、幅広い企業をターゲットとしている。「この製品は世界を大きく変える可能性を秘めている。CPM業界はもちろんのことだ」と語るのは、ブロア・リサーチのブラウン氏だ。「業績の評価および分析に関して、(スタンドアロンBPMシステムの導入に要する)コストをかけずに、ミッドマーケットの中堅企業をエンタープライズレベルに引き上げてくれるはずだ」と同氏は語る。

 PPSは、Microsoft SQL ServerおよびOfficeと高度に統合化されており、日常業務プロセスとの親和性も高く、Excelのルックアンドフィールを持つ。いずれDynamics ERPスイートとも統合化されるだろう。将来的にマイクロソフトは業績管理を経営計画やワークフォース管理、販売、マーケティングなどの領域にも持ち込む考えだ。

 ガートナーのレイナー氏も、この製品に注目しているという。「マイクロソフトは、新製品をCPM“ライト”といった安易な方向に持っていかなかった」と同氏は評価する。それでも、この製品が市場に定着するには少なくとも2年はかかるだろう、とレイナー氏はみる。この間、企業はBPMスイートの導入に遅れないように心すべきだ、と同氏はアドバイスする。

 BPMパッケージのコストは、予算面で制約のある中堅企業のCIOにとって、大きな障害になるかもしれない。そのため多くのベンダーがBPMをオンデマンド・サービスとして提供し、価格を引き下げようとしている。カリフォルニア州マウンテンビューのアダプティブ・プランニングも、そうしたベンダーの1社だ。同社は、ホステッドBPMソリューションを利用すれば25万ドルのインハウスソリューションの10分の1のコストで済む、と主張している。またハイペリオンのパートナーで、ニューヨークに本社を置くホスティング会社、ピナクル・グループ・インターナショナルの1部門であるK2Analytics.comは、サービス型ソフト(SaaS)モデルを利用すれば、40%から50%のコストセーブが可能としている。

 K2Analytics.comはハイペリオンと提携した初年度に、ミッドマーケットの企業8社と契約した。他のBPMプロバイダもSaaS関連の動きを見せている。コグノスは今年はじめ、SaaSプロバイダが提供するBPMの数値をモニタする装置を開発したセレクエストを買収した。

 しかし、SaaS環境でBPMが機能するかどうかについては、疑問の声がないわけでもない。ブラウン氏は、BPMを試しに利用してみようという企業にSaaSは有効かもしれないが、長期的な利用にオンデマンドは現実的ではないと考える。

 「BPMには多数の異なるシステムがデータをフィードする。そうした仕組みにSaaSは最適か? わたしはそうは思わない。SaaSは人事やセールスオートメーション、あるいはシンプルな財務システムなど、アクティビティ/イベント・ドリブンの離散型システムには有効だが、連続的なモニタリングや計測といったCPMの特徴なタスクには適さない」と同氏。

 ミッドマーケットでは、もう1つの問題がBPMの有効性に疑問を突きつける。BPMは一般に、非効率性や非拡張性といったExcelスプレッドシートの泥沼にもがき苦しむ財務部門の要請で導入されることが多い。そのため、CFOがシステムの導入を先導し、CIOの助言を得ずに実行されることも少なくなかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆