コラム
» 2008年08月08日 08時12分 公開

IT予算をさらに極めましょうGartner Column(2/3 ページ)

[小西一有(ガートナー ジャパン),ITmedia]

 2つ目のフレームワークをご紹介しましょう。今度はIT予算を3つに分類します(図2)。

図1
  • 1)ビジネス革新のための支出

 例えば、戦略・企画、マーケティング、製品開発の各プロセスにかかわる費用です。

  • 2)ビジネス成長のための支出

 例えば、マーケテンング、CRM、営業、製品開発、顧客サポートの各プロセスにかかわる費用です。

  • 3)ビジネス運営のための支出

 例えば、調達、製造・サービスデリバリ、人事、経理、法務、ITの各プロセスかかわる費用です。

 これも、同様に比率自体を問うものではありませんが、ビジネス革新や、ビジネス成長のための支出が年々増えていき、運営の費用が少なくなっていく方が、経営者には心地良いでしょう。企業の環境がビジネス革新を強く意識している状況ならば、そこにIT費用が多く割かれている状況は良いといえます。

 経年変化で、運営のための費用の比率が減っていけば、あなたの評価は高くなっていくに違いありません。IT費用や予算についての説明をこのように説明できれば、ITのことがよく分からないと嘆く経営者にもビジネスへの貢献度を明快に示すことができると思いませんか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆