ニュース
» 2008年09月10日 08時30分 公開

BPMプロジェクトの成否を分けるものは?:ニッポンのお家芸、「カイゼン活動」がBPMの本質 (2/2)

[浅井英二,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 「何もBPMは新しいものではないが、人員削減を狙ったBPR(Business Process Re-engineering)は大半が失敗した」とガリメラ氏。これに対して、継続的な改善活動やあんどん(見える化)、人重視が基本となるリーンや、統計学をベースとしたシックスシグマは成功を収め、両者を組み合わせた「リーン・シックスシグマ」の手法も生まれている。

カイゼン活動とITをつなぐBPM

ガリメラ氏が取材中に描いたマップ

 「BPMは単に技術ではない」というガリメラ氏は、取材中に左のような絵を描き始めた。絵の上にリーンやシックスシグマがあり、下はITがある。その真ん中にBPMが位置し、さまざまな機能を提供することによって両者をつないでいるのが分かる。人をつなぐワークフロー、ビジネスルールをコードの外で管理するルールエンジン、プロセスの状況を監視するBAM(Business Activity Monitoring)など、さまざまな技術が収れんし、BPMはスイート化している。

 「SOAの登場などもあり、BPMの技術も成熟してきたが、Software AGは、単にライセンスを販売するだけの会社ではない。日本の企業には、(絵のような)全体像を理解してもらうことが極めて重要だと考えている」とガリメラ氏。

 またガリメラ氏は、一部を除き、大半の日本企業が社内にビジネスアナリストを置いていないことも懸念する。ビジネスプロセスの中で重要な改善ポイントが何なのかを見つけ出し、それを情報システム部門が実装できるように支援するのが彼らの仕事だ。

 「企業にとってビジネスプロセスは生命線だ。決してアウトソースできるものではなく、業務に精通した分析の専門家が社内には必要だ」(ガリメラ氏)

関連キーワード

BPM | SOA | EAI | webMethods


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆