ニュース
» 2009年01月05日 16時35分 公開

「従来のITサービスからの脱皮を」――IT企業社長、2009年の意気込み年頭所感(3/3 ページ)

[國谷武史, 藤村能光,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ソフトバンク 孫正義社長

 2008年は携帯電話が「インターネットマシン元年」として、大きな変貌を遂げた。いままでPCで行っていた行為をいつでもどこでも携帯電話で済ませてしまう、そんな生活が当たり前のように実現する時代がやって来た。一方で、金融危機とそれに伴う実体経済の後退による不安感が世界中を覆い尽くし、一朝一夕には回復しないだろう。

 現在の経営環境の変化にスピード感を持って対応し、守りに入ることなく、自ら市場に刺激と変化を与える攻めの経営を目指したい。そのためには、社員のより高い意識によるチャレンジする姿勢と、市場の声に耳を傾ける姿勢が今まで以上に大事になる。長期的な視点で将来に向けた布石を打っていくかまえだ。

イー・モバイル 千本倖生会長

 モバイル通信は、社会のインフラとしてしっかりと生活に根付いたといえる。サブプライム問題に端を発した昨今の経済状況は極めて厳しいが、消費者が少しでも生活費を切り詰め、安価で良い品質のものを必死で求めている中で、顧客の期待に正面から応えたい。これまでの技術や事業モデルに安住することなく、進取の精神による画期的なビジネスやサービスの開発にまい進する。

ヤフー 井上雅博社長

 「“インターネットはすごくなるよ”と言い続けて13年が経つが、“そこそこすごくなったね”」というのが現状。それでも創業当時には想像もつかなかったほどに「すごくなってきている」と思うが、「まだまだ発展途上」だ。

 100年を超える新聞、50年のテレビの歴史と比べると、日本のインターネットビジネスの歴史はせいぜい13年ほど。もっとすごくなる途中の通過点にいる。「この不況が3年は続く」とも言われるが、その3年間をしっかりと生き延びて、成長できるような会社にする。連続的な成長だけではなく不連続な成長、つまり飛躍につながるような画期的なビジネスを創り出す。そういったことに「引き締まった体」で取り組んでいく。

過去のニュース一覧はこちら

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆