連載
» 2009年12月25日 08時15分 公開

【最終回】お客さんを信用するな!つい踏んでしまうプレゼン失敗の地雷(2/3 ページ)

[中村昭典,ITmedia]

似たもの同士

 プレゼンの約束日が近づくある日、(前回の記事で紹介したように)わたしは考えるのをあきらめて、ヒントを探して街に出ました。わたしのオフィスは名古屋の繁華街にあり、一歩ビルの外に出れば、そこには多数の銀行が軒を連ねています。改めて眺めてみると、本当に多くの銀行があり、こんな中で競争するというのは本当に大変だなと、今さらながら感心してしまいました。

 わたしは特に目的もないままに、ブラブラといくつかの銀行店舗に入ってみました。少なくとも店舗の外見からは、銀行ごとの違いはほとんど分かりません。中に入っても、パッと見て気付くのは行員の制服が違うくらいで、それこそ銀行名を入れ替えて、看板を付け替えれば、どの銀行も変わらない気がしました。

 何気なく集めてみたチラシには、その銀行のキャッチフレーズが並んでいます。「ハートの●●銀行」「地域と共に歩む○○銀行」など。正直、みんな似たり寄ったりだなぁ……えっ? 待てよ、みんな違う銀行なのに、そう感じないのはなぜだろう。そうか、そういうことか!

 わたしは急ぎオフィスに戻り、集めたチラシからキャッチフレーズの部分だけを切り抜いて並べてみました。そしてはっきりと分かったのです。どれもみな似たようなものばかりで、よほど慣れ親しんでいないと、どの銀行のキャッチフレーズなのか分からないのです。どの銀行も自分たちの主張や得意分野などを踏まえて、短いキャッチフレーズの中に思いを込めているはずです。なのに、どの銀行も似たり寄ったりで、特徴が明確になっていない。日常、銀行をよく利用している人ならまだしも、まだ銀行を利用する機会が少ない学生から見たら、その違いなんて分かるはずもありません。

 要するに、学生にはX銀行の特徴やY、Z銀行との違いなんて理解されていないどころか、どの銀行も同じようにしか映っていないのでしょう。そう気付いて、改めて3行の入社案内パンフレットを読み返してみました。そして確信しました。3行とも、同じような作りのパンフレットで、国際展開、営業体制から福利厚生制度まで、一通り丁寧に説明しています。一冊だけ読んだならそれなりに魅力的だと感じるところもあるでしょう。でも、もし比較しながら真剣に読み比べた学生がいたとしても、専門知識に乏しい彼らには、結局はその違いなんて分かりません。こうなると、いきおい規模で決めてしまう学生の行動も理解できます。

 X銀行の人事責任者は、学生にY、Z銀行との違いを説明しているということでしたが、本当にその違いが伝わっていれば、結果は変わってくるはずです。ひょっとすると、X銀行側も、他行との違いをきちんと気付いていないのではないでしょうか。仮に気付いていても、学生にうまく説明できていないのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆