ニュース
» 2010年06月08日 08時00分 公開

ビジネスによってITガバナンスはどう変化するか(1)Gartner Column(2/2 ページ)

[小西一有(ガートナー ジャパン),ITmedia]
前のページへ 1|2       

シナジー志向の企業は、全社的なスタイル、プロセス、および執行役員会を重視

 事業部間でシナジーを生み出すことに注力している企業は、可能な限り全社的なアプローチを採用しています。こうした企業では、統合を推進し、全事業部における類似領域に注目して共通のプロセスを導入しています。また、特にデスクトップ環境、電子メール、ITセキュリティ、ERPなどの全社的なアプリケーションをはじめとするITインフラの要素において、トップダウンで標準準拠を浸透させています。

 MITSloanとGartnerEXPの共同調査は、高いITガバナンス成果を上げているシナジー志向の企業における他より効果的なガバナンススタイルを見出しています。例えば、IT基本原則やIT投資/優先順位決定の領域では、多くの場合、二頭制または連邦制のスタイルによって事業部門のトップレベルの関与を実現しています。また、ITインフラストラクチャやITアーキテクチャに関する意思決定においては、ハイレベルのビジネス・エグゼクティブの関与がITに関するトップダウンの基盤となっています。

 シナジー志向の企業は、統合を重視するため、全社的なスタイルを必要とします。全社的な意思決定プロセスや優先順位が明確であるほど、統合は促進されます。エグゼクティブが関与してトップ主導のITガバナンスを確立し、ハイレベルのリレーションシップマネジャーの働きによってIT部門と各事業部を結び付けます。シナジーは、IT/ビジネス・リレーションシップ・マネジャーの働きによっても高められるということなのです。CIO直轄のこの役割は、IT部門と事業部門間の良好なリレーションシップの構築を目標として、事業部門に対しても一定の責任を担っています。

 シナジー志向の企業は、ビジネス・ガバナンスのスタイルおよびメカニズムとITガバナンスのスタイルおよびメカニズムが連動するように設定することで、「1つの企業」としての強みを発揮させています。

 これを実現するために重要なのは「トップレベル」です。ビジネスの方向性を設定する事業部門のリーダーが、主要なIT意思決定委員会にも出席します。IT部門と事業部門のリレーションシップはハイレベルで構築し、2者間の一体化を図ります。そして、ITガバナンスに関する伝達は、通常トップを、多くの場合、IT委員会のメンバーであるビジネス・エグゼクティブを起点としています。

シナジーを高めるために推奨されるアクション

  • 事業部門とIT部門のトップによる共同の意思決定メカニズムにフォーカスする
  • 執行委員会(社内取締役会)のメンバーがトップレベルの委員会にも出席するという、重複したメンバーシップを確保する
  • IT/ビジネス・リレーションシップ
  • マネジャーをハイレベルで確保し、各事業部のエグゼクティブとの効果的な連携を可能にする。事業部CIOにこのリレーションシップ
  • マネジャーの役割を任せることを検討する
  • シナジー、共有、再活用の機会を常に調査する(さらに、これらに対して報奨を与える)
  • 共通のプロセス、コンポーネント、アーキテクチャについての教育を事業部との連携によって全事業部要員に提供する。特に、標準準拠によって両部門でいかに意思決定プロセスの合理化が促進されるかについて強調する。

 図3は、シナジー志向の企業での実際のITガバナンスマトリクスです。ガバナンス・メカニズムにおいて、可能な限り全社的な一体化を目指そうとしているのがわかります。また、リレーションシップマネジャーもメカニズムの一つに組み込まれています。

図3

著者プロフィール:小西一有 ガートナー エグゼクティブ プログラム (EXP)エグゼクティブ パートナー

小西一有

2006年にガートナー ジャパン入社。それ以前は企業のシステム企画部門で情報システム戦略の企画立案、予算策定、プロジェクト・マネジメントを担当。大規模なシステム投資に端を発する業務改革プロジェクトにマネジメントの一員として参画した。ガートナーでは、CIO向けのメンバーシップ事業「エグゼクティブ・プログラム(EXP)」の日本の責任者を務める。


アンケート
記事をお読みいただきありがとうございます。
本コラムは、今後も読者の皆様の一助となるようなコラムにしていきたいと考えておりますので、
読者の皆様のご意見やご質問、ご要望などいただければ幸いです。


質問1) この記事の感想を教えてください。(必須)

質問2) 1の理由を教えてください。

質問3) 筆者への質問があればお願いします。

質問4) 今後、とりあげてもらいたいテーマがあれば教えてください。

質問5) 一番近い役職を教えてください。
 ITユーザー企業:
 
 
 
 情報システム子会社企業:
 
 ITベンダー企業:
 

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆