ニュース
» 2010年09月27日 08時46分 公開

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:Twitterの現状と今後について大公開 (2/3)

[石黒不二代,ITmedia]

 日本では、Twitterを使って宣伝をしたいという企業の需要が強いですが、実際にたくさんの成功例があります。Twitterでは、フロントページにのせる広告以外にも、APIの利用料や現在テスト中の「Promoted Tweet」と言う検索連動型広告等で収益を得ています。

 映画『告白』では、スタッフ自身が告白したり、森口先生が映画に出てこないシーンの告白をしたりして、プロモーションをしていきました。Nikonは、「カメラ」というイメージが強いですがそれ以外の科学や技術においても活動をしているPRとして、半導体・バイオ・宇宙開発を取り上げたサイエンスカフェというプロモーションを行い、Twitterで米村伝次郎さんなどが発言することで場を盛り上げました。ソーシャルメディア内で行った企業広告の例です。IKEA JapanはTwitterを顧客との双方向のつながりをつくるためのツールとして使っています。高橋酒造は、Cheers Systemという、TwitterユーザーのIDとパスワードを入力し、フォロワーを選んで乾杯、CMの中に自分がはいってツイートで広がるという仕掛けで話題を呼びました。

これがTwitterの広告モデルだ!

 日本のマーケティング面で本社をリードしている感もあり、米国でも、「ツイナビ」などに興味を持っているようです。とはいえ、実は、TwitterのTwitterたる所以は、本社の保守的なまでの強固な方針。いまだに、「コンテンツに手を出さない」「鯨を出さない」「140文字死守」が第一ミッションであるところです。ワールドワイドの成長と莫大なベンチャーキャピタルからの投資は、この初志貫徹にあったのかもしれません。

 そんな、Twitterの創業物語は、とても興味深いものです。ソーシャルメディアというと、誰と何を共有するかにより関係性の深さが違ってきて、その利用シーンも違ってくるものですが、実は、Twitterは、もともと関係性の深さを定義していないのです。Twitterは、社員がどこで何をやっているかを共有しようという社内ツールでした。

 米国にありがちな人と人が顔を合わせない会社で、エンジニアがコーディングしているのはスターバックスだったり、休日はでワイナリーで有名なナパにいたり、だから、リアルタイム情報の共有の需要があったようです。それを深める使い方もあるし、ツールとして使う人もいて、利用シーンもさまざま。それらを紹介するものの、使い方に強制力はありません。繰り返しになりますが、これが、Twitter本社の確固たる方針なのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆