ニュース
» 2010年10月15日 16時42分 公開

「匠の技」の過信はナルシズムかナショナリズム――工学博士の木村氏(2/2 ページ)

[怒賀新也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 木村氏が提示する考え方は、日本のものづくりにもっと理論化、システム志向、ソフトウェア志向を強めるということ。これが弱いことが最大の欠点だとしている。

 「一流私立大学に数学の試験なしで入学できるという日本の入試事情は、海外では例がなくおかしい」(同氏)

 数学的な考え方がないと、原理現物主義、手探り信仰、経験主義がはびこることになると警告した。

 木村氏は、来場した多くの来場者に向けて、「これからは通用しない技術者」の発想を以下のように挙げた。

  • 「技術者はものをつくればいい。使い方を考えるのは営業の仕事と考えている」
  • 「話を大きくしないでくれ、責任範囲をきめてそれに集中させてくれ」
  • 「理屈をこねないでとにかく実験にかかれ」
  • 「自分にしかない技術を身につけよう」
  • 「良いものさえ作ればいずれは売れる」

 やや悲観論に終始した印象もあるが、おおむね事実から離れていないこともあり、日本の将来を真剣に考える来場者にとって有意義な講演になったようだ。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆