ニュース
» 2010年11月19日 08時56分 公開

ヘッドハンターの視点:クライアントにとっての「特別な誰か」を求めて (2/2)

[岩本香織(G&S Global Advisors),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 状況がわからないというのは非常に精神衛生上よくありません。何度電話してもメールしてもなしのつぶてという状況が数週間続いた後、突然クライアント企業が候補者の会社を買収するという驚きのニュースが飛び込んできました。クライアントは発表前にこのことを外に漏らすわけにはいかなかったのです。

 「オファーレターにサインするのと退職願を出すのはどちらが先ですか?」と聞かれることがあります。上記のケースでもわかるように、正式なオファーレターにサインする前に退職願は出すのは危険です。何が起こるか最後までわかりません。また、オファーレターにサインせずに退職願を出すと、中途半端な状況で上司や人事と話をすることになります。人間だれしも引き止めてほしいという気持ちが心のどこかにあるのかもしれません。

 でもそれは結果的に上司や人事にある意味での責任を押し付けることになると思います。引き止められてとどまったとしても「やめようとした人」というレッテルは付いてしまいます。また転職するはずだった会社がその後大きく成長したら、引き止めた人たちとの関係をギクシャクさせかねません。。もちろんオファーレターにサインする時にはじっくり悩むべきだと思います。わたしは「知恵熱が出るくらい悩んでください。その上で決断したら、決断した自分を信じて振り返らずに頑張ってください」とお願いしていいます。

 どんなに事前に情報収集しても入社してみると想定外なことは起こります。事前に十分悩まずに転職すると少しのことでも「こんなはずじゃなかった」と言い出し仕事が手につかなくなる人がいます。十分悩んで決断した人は「こういうこともありますよ!」と状況を前向きにとらえてチャンスに変えられるのです。

著者プロフィール

岩本香織(いわもと かおり)

G&S Global Advisors Inc. 副社長。米国の大学を卒業後、アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)入社。東京事務所初の女性マネジャー。米国ならびにフィリピンでの駐在を含む8年間に、大手日系・外資系企業のビジネス/ITコンサルティングプロジェクトを担当。 1994年コーン・フェリーに入社、1998年外資系ソフトウェアベンダーを経て、1999年コーン・フェリーに復帰。2002年から2006年までAsia/Pacificテクノロジーチームの代表。2010年9月より現職。


経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆