ニュース
» 2011年01月28日 08時29分 公開

ヘッドハンターの視点:「ヘッドハントされた」が自慢になるという勘違い (2/2)

[岩本香織(G&Sグローバル・アドバイザーズ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 転職理由が「ヘッドハンターに声をかけられたから」なら、Aさんはまたヘッドハンターから声がかかったら簡単に転職してしまうでしょう。たとえそれなりに優秀な人だとしてもそんなにロイヤルティーの低い人を大切なクライアントに自信を持ってお薦めすることはできません。

 また、「ヘッドハンターから声がかかった」ことを自慢話のようにしていましたが、リーマンショック後にかなり淘汰されたとはいえ「自称」も含めれば日本には数千のヘッドハンティング会社があります。転職サイトに登録していれば、いわゆる“スカウトメール”はほとんどの人に届きます。つまり「ヘッドハンターから声がかかったから」と言うこと自体はなんの自慢にもならないし、それを転職理由にするのは相手に対してマイナスイメージしか与えません。

 それ以上にある意味での同業者、ヘッドハンターのBさんには少々許しがたい感情を覚えます。転職にはさまざまな事情があるので一概に転職回数が多い人はだめだとは言えませんが、Aさんのように簡単に2年程度で転職を繰り返す人を業界では“ジョブホッパー”と呼び、敬遠されます。それはヘッドハンティング業界の常識でBさんも当然承知しているはずです。にもかかわらずAさんを何回も転職させ、その都度手数料を稼ぎ、Aさんをジョブホッパーにしてしまったのです。

 案の定「今回Bさんには相談されたんですか?」と伺うと、「『Aさんはもう偉すぎて僕のような者が紹介できる案件がありません』とBさんは言っていました」とのこと。

 実際はジョブホッパーとなったAさんを採用する企業がなくなってBさんにとってAさんは商品価値がなくなったということなのです。

 クライアントにもプレースメントにもハッピーになってほしいという強い想いを持って真面目に頑張っているヘッドハンターはたくさんいますが、ヘッドハンティングは“ビジネス”です。「あなたの為だから」などという甘い言葉で近づいてくる人にはご用心。

著者プロフィール

岩本香織(いわもと かおり)

G&S Global Advisors Inc. 副社長

USの大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)入社。東京事務所初の女性マネージャー。米国ならびにフィリピンでの駐在を含む8年間に、大手日系・外資系企業のビジネス/ITコンサルティングプロジェクトを担当。 1994年コーン・フェリー(KFI)入社、1998年外資系ソフトウェアベンダーを経て、1999年KFI復帰、テクノロジーチーム日本代表。2002年〜2006年テクノロジーチームAsia/Pacific代表兼務。2010年8月KFI退職。2010年9月より現職。


経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆