ニュース
» 2011年02月02日 08時29分 公開

ソーシャルはゲームを変える好機、経営陣の関与が成否を分けるLotusphere 2011 Orlando Report(2/2 ページ)

[浅井英二,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ソーシャルは避けるリスクではなく管理するリスク

State Streetのウェルチ氏(左)とCEMEXのガルシア氏

 IBMに続いてステージに招き上げられたのは、世界有数のセメント会社であるCEMEXとマサチューセッツ州ポストンの大手金融機関であるState Streetだ。

 メキシコのCEMEXでイノベーションディレクターの肩書を持つジルベルト・ガルシア氏は、ソーシャルを導入し、透明性が高く、イノベーションへのインセンティブを明確にすることで、市場のニーズをつかみ、迅速に解決策を見つけ出す企業へと変えることができたと話す。

 「ソーシャルの活用はリスクもあるが、機会もある。ソーシャルによって何を達成するのか、経営陣が明確に示し、関与することが成功のためには欠かせない」とガルシア氏。

 日本でも大手機関投資家に金融サービスを提供しているState Streetは、米国の建国からわずか十数年後に設立された老舗だ。世界27カ国で2万7500人の社員が働く。同社でブランディングと生産性に責任を持つグレッグ・ウェルチ氏は、さまざまな部署でソーシャルメディアの活用は効果をもたらすが、顧客に対しては1つのブランド、1つの顔として顧客から見えるようにすることが重要だと考える。

 「ソーシャルの活用でチャンスは広がる。懸念の声もあるが、本質的には問題はこれまでと変わらない。ルールをどう作るかだ。避けるリスクではなく、管理するリスクと捉えるべきだ」とウェルチ氏。

 会期中、IBMでソーシャルソフトウェアを統括するジェフ・シック副社長に話を聞いたが、「ソーシャル」という呼び名が生まれるずっと以前からLotusは、人と人をつなぎ、情報を適時・適切に共有できるソフトウェアを開発してきたとする。

 「ソーシャルは、人のネットワークを活用し、ビジネスに価値をもたらすもの。全く新しいものではなく、コラボレーションの進化形と捉えるべきだ」とシック氏は話してくれた。

 シック氏はまた、CEMEXやState Streetと同様、ソーシャル活用の成功には「経営陣の支援」が欠かせないとする。それはソーシャルの活用が企業の文化に深く関わるものだからだ。

 なお、今年のLotusphereでは、エグゼクティブを対象とした「Social Business Industries Symposium」を初めて併催し、インダストリーごとにブレークアウトセッションも行われている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆