ニュース
» 2018年10月26日 18時29分 公開

世界電子政府進捗度ランキング、デンマークが初の1位、日本は4位から7位へ

今年で14回目の「早稲田大学世界電子政府進捗度ランキング調査2018」の結果は、1位デンマーク、2位シンガポールと首位が入れ替わった

[ITmedia]

 世界の主なICT先進国65カ国を対象に、早稲田大学電子政府・自治体研究所が中心となり、国際 CIO 学会傘下の世界主要11大学と提携して、電子政府進捗度を調査・研究した結果を発表した。

 昨年2位だったデンマークが初の1位に、2位シンガポール、3位は昨年9位だった英国が大きく順位を上げた。4位エストニア、5位の米国は昨年の3位から順位を下げた。6位韓国、日本は7位と昨年の4位から順位を下げている。

 電子政府分野の現状と課題を評価するための指標は10項目で、「ネットワークインフラの充実」「行政管理の最適化」「オンライン・サービス」「ホームページの利便性」「政府CIOの活躍度」「電子政府普及振興」「市民の電子参加」「オープン・データ活用」「サイバー・セキュリティー能力」「先端技術の活用」である。

 調査結果の主な特徴は、電子政府の名称が「e-ガバメント」から「デジタル・ガバメント」に変わっている、デジタル格差、中央対地方、所得などの格差が広がり、新興国における電子行政化は先端技術を「持てる国」と「持たざる国」でICTの格差が広がっている。また、ソーシャルメディアと電子政府サービスの連携が進み、災害時の有用性はもちろんだが、市民中心のユーザー指向サービスも推進している。

 日本は「政府CIO」は1位、「電子政府推進」は4位だが、スマホの利活用システム化が遅れており、公的個人認証の高度化がカギとなるだろう。また、ランキング1位のデンマークではすでに電子申請に1本化されているが、日本は紙ベースと電子申請の2本立てでコストがかかるため早期にペーパーレス政府を目指必要がある。

■2018年総合世界電子政府ランキング

順位 国名 得点
1 デンマーク 94.816
2 シンガポール 93.843
3 イギリス 91,921
4 エストニア 91.125
5 米国 90.340
6 韓国 85.500
7 日本 84.493
8 スウェーデン 81.700
9 台湾 80.383
10 オーストラリア 80.248
11 ノルウェー 79.760
12 スイス 79.030
13 フィンランド 78.982
14 ニュージーランド 74.694
15 アイスランド 73.942
16 カナダ 72.459
17 オランダ 70.259
18 香港 70.236
19 フランス 69.761
20 ドイツ 68.176

関連キーワード

電子政府 | 早稲田大学 | ランキング | 調査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆