連載
» 2019年11月12日 07時04分 公開

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:「Iの世界」の成長戦略 イノベーションを起こし、市場を変える (1/2)

テクノロジーとビジネスモデルの両面からイノベーションを生み出す。

[永井俊輔,ITmedia]
『市場を変えろ 既存産業で奇跡を起こす経営戦略』

 こんにちは、永井俊輔です。クレストHDの代表取締役です。

 クレストHDは、看板(サイン&ディスプレイ)をはじめとする複数の業種で事業を行っており、いずれの業界にも技術、知見、人脈などを持っています。これら貴重な資産を生かし、次世代の市場を作り出すことがわれわれの使命です。

 この取り組みを、われわれはレガシーマーケット・イノベーション(LMI)と呼んでいます。

 前回はLMIを実現する2段階の道のりのうち、1段目にあたる「Lの世界」について紹介しました。Lの世界は、既存事業の生産性を高め、利益、時間、人材などリソースを確保する取り組みです。

 その次にあるのが「Iの世界」です。ここでは、新たな市場を生み出すイノベーションのアイデアを考えます。今回は、そのためのアイデアを紹介します。

図:LMIの概念図

手持ちの商品と「何か」を組み合わせる

 イノベーションというと、世の中に存在しないものをゼロから作り出すイメージを持つ人がいるかもしれません。しかし、LMIにおけるイノベーションはシンプルです。レガシー企業(レガシーマーケット内の企業)が手掛けてきた「商品やサービス」と「何か」の組み合わせがイノベーションです。

 ここでは、手持ちの商品やサービスと組み合わせる「何か」を2つのアプローチで考えてみます。1つは、新たなテクノロジー、もう1つは新たなビジネスモデルです。

 例えば、クレストの代表的な商品であるエサシーは、看板という昔からある商品と、新たなテクノロジーであるカメラ(画像認識)の組み合わせから生まれました。看板にカメラを取り付けることにより、看板を見た人の数や見た時間などを計測できるのがエサシーの特徴で、この商品が誕生したことで、看板を設置するユーザーの間では「看板の設置効果を知りたい」「費用対効果を高めたい」といった新たな需要が生まれました。看板市場に過去にない価値と成長性が生まれたのです。

 同様の発想で、レガシー企業が持つあらゆる商品、サービスと「何か」を組み合わせることで、これまでにない需要を生み出すことができます。以下に、「何か」の例を挙げます。組み合わせた結果を想像しながら、イノベーションのアイデアを膨らませてみてください。

テクノロジーとの組み合わせを考えてみる

 まずはITなどテクノロジーの分野から「何か」の例を挙げてみます。

1、カメラ・画像認識技術(カメラで画像を収集してどんなことが分析できるか)

2、カメラ・文字認識(テキストの自動読み込みや自動入力でどんな効果が生まれるか)

3、マイク・音声認識(ユーザーの声を収集して発見できることはあるか)

4、インターネット接続(ネット接続によって利便性は高まるか)

5、IoTとセンサー(商品からどんなデータが取れるか)

6、モーションセンサー(ユーザーの動きや製品の振動などのデータを活用できないか)

7、ICチップ(個人のIDなどをICカードなどに置き換えると何が変わるか)

8、ビッグデータ(大量のデータを集めて分析できることはあるか)

9、GPS・位置情報(場所が分かることによって新たな価値は生まれるか)

10、VR(仮想現実の世界で提供できるサービスはあるか)

11、AR(現実と仮想現実の組み合わせで新たなサービスは作れるか)

12、5G(大量のデータを短期間で転送した場合に生まれる価値はあるか)

13、ブロックチェーン(信用不要で取引できる商品やサービスはあるか)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆