連載
» 2020年10月01日 07時01分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:成城石井が他のスーパーと違うワケ――スーパー冬の時代に「10年で売上高2倍」の理由 (1/2)

成城石井に置かれている商品を巡るエピソードは、とても強烈だった。いつか成城石井で売られている商品について、じっくり取材して書き上げる機会を求めていたのだが、それが結実した。

[上阪徹,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『成城石井 世界の果てまで、買い付けに。』

 世田谷・成城といえば東京都内屈指の高級住宅街。ここに本店を構えるスーパーがある。その地名を冠した成城石井だ。最近ではテレビにもたびたび登場する話題のスーパーだが、ちょうどその人気が高まり始めた2014年、筆者は『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか』(あさ出版)というタイトルの著書を世に送り出していた。

 なぜ支持されているのか、経営やサービス、商品、人材育成など、さまざまな角度から考察した1冊だったのだが、中でも最も印象深かったのが、商品の話だった。取材で聞いた成城石井に置かれている商品を巡るエピソードは、とても強烈だったのである。

 だが、いろんな角度から考察することを本のテーマにしていたので、一つ一つの商品について詳しく触れることができなかった。そんなわけで、いつか成城石井で売られている商品について、じっくり取材して書き上げる機会を求めていたのだが、それが結実したのが、新著『成城石井 世界の果てまで、買い付けに。』(自由国民社)である。

 どうやって商品を見つけてくるのか。どうやって仕入れているのか。トレンドをどうキャッチするのか。その秘密をひもとくべく、約30人のバイヤー、約20人の総菜・スイーツ開発担当者を代表して、総勢11人に20を超える商品にまつわるエピソードを聞いた。

 前著からこの本が出るまでの間も成城石井は成長を続け、2019年の売上高は938億円にもなっていた。前年比約107%。実はその前年も約107%の成長をしており、なんとこの10年で年商を2倍にしている。

 スーパー冬の時代といわれて久しい。デフレという言葉が囁かれ、モノが売れない時代に、なぜ成城石井はこれほどまでに売れているのか。決して安いわけではないのに、どうしてこれほどの成長が可能だったのか。

 その答えの一つは、間違いなく品ぞろえがまるで他のスーパーとは違うからだ。お店に入って、じっくり眺めてみると、それはすぐに分かる。他のスーパーにはまず置いていないものが、たくさん置かれているからである。

 問屋や輸入業者に仕入れを委ねてしまい、入ってきた商品を店頭に並べるだけなら、こんな品ぞろえにはならない。成城石井は自分たちで輸入会社を持ち、バイヤーが世界を飛び回り、国内にもアンテナを鋭く立てているから、こんな仕入れができるのだ。

 実際、バイヤーはカテゴリーごとに担当を持ち、味、品質、価格のバランスがとれた優良商品を常に探し続けている。日本中で、世界中で探し続けている。そして、これぞと思うものがあれば、大胆に仕入れる。だから、その商品の認知度が高まって日本国内で人気が出てきたときには、すでに店内に商品があったりすることが多いのである。

 また、求めるものが見つからないと見るや、自分たちで商品を作ってしまうこともある。メーカーと共に作り上げるオリジナル商品がそうだし、自社工場のセントラルキッチンで作られる自家製の総菜やスイーツがそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆