連載
» 2020年12月10日 07時07分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:書くのが苦手で嫌いだった私が、なぜ書けるようになったのか (1/2)

意外なポイントにさえ気付けたら、スラスラ文章が書けるようになる。

[上阪徹,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


どうしてこの本を書いたのか

『文章の問題地図』

 もう26年にわたって文章を書く仕事をしている、ということもあると思うのだが、一般のビジネスパーソンから、文章にまつわる、こんな悩みや質問をもらうことがよくある。

「とにかく時間がかかる」

「書くことがない(研修の感想文などで)」

「構成がうまくできない」

「長さにひるむ」

「手戻りが多い」

「読みづらい(といわれる)」

「伝わらない、刺さらない」

「言葉づかいがひどいと指摘された」

 この悩みを章のタイトルにして、それぞれに解決案を提示し、1冊の本に仕上げた本を刊行した。『文章の問題地図』(技術評論社)だ。

 本を40冊以上も出していて、自分の本のみならず他の経営者の本などの執筆も手掛けていて(私はこの仕事をブックライターと名付け、100冊近く書いている)、さらに雑誌やWebサイトでたくさんの記事を書く日々を私は送っている。

 こうなると「子どもの頃からさぞかし文章を書くのが得意だったんでしょうね」「文章を書くがお好きなんですね」といわれることになるのだが、事実はまったく異なる。これは高校時代、大学時代の友人たちはよく知っているのだが、まったくそんなことはないのである。

 受験科目も国語が苦手。小論文のある大学は速攻で受験校から外した。お恥ずかしながら大学のときのレポートなどは、資料をそのまま書き写していた。書くのが苦手だったからだ。中学の頃も小学校の頃も作文は大嫌いで、何よりも嫌いだったのは、読書感想文。そう、私は読書も嫌いだったのである。

 書くことはもちろんのこと、読むことすら嫌いだった。そんな私が大人になって、文章を書くことで生計を立て、しかも人の本の執筆をお手伝いするようになるなどとは、本当に夢にも思わなかった。

 実際、キャリアのスタート時点でも、私はまったく書けなかった。バブル期だった大学時代は、広告産業が華やかな頃。当然、業界大手に潜り込むのも最難関。鼻っ柱だけは強かった私は、まずそんなところから広告の世界に興味を持つことになった。

 そして大学3年のとき、運命の映画に出会う。それが『CF愚連隊』。後に主演の佐藤浩市さんに取材したとき、「佐藤さんのおかげで文章を書く仕事をすることになったんです」と告白して佐藤さんを驚かせてしまうことになるのだが、この映画に感動した私はCMや広告の世界に入ることを自分で決意したのである。

 だが、就職活動で玉砕。アパレルメーカーに入社したが、1年半でリクルートが新しく広告制作会社を設立するという求人広告に出会う。その採用試験に合格し広告の世界に入ることになった。

 「文章が嫌いだったのに広告とは?」と感じる人もいるかもしれないが、広告の文章は書くというより、言葉を見つけるものだと思っていた。キャッチコピーはせいぜい数行。文章を書くことになるなどとは思わなかったのだ。

 ところがリクルートグループに入ったことが、私の運命をまた変えた。携わることになったのは、採用広告。カッコいいフレーズを1行作ればいい、という仕事ではなかったのだ。会社の魅力を、きちんと文章で伝えなければいけなかった。

 かくして苦手で嫌いだった文章と、格闘することになる。それこそ当時は、300文字書くのに1日かかっていた(今は1日3万字書くこともある)。そんな私がなぜ、文章を書けるようになったのか。書くことで苦闘している間に、大きな気付きを得ることになったからである。

 おそらく、文章が得意だったり好きだったりしたら、これはきっと気付けなかったはずだ。そして、ここに気付けたからこそ、後に20年以上にもわたってフリーランスとして実績を積み上げることができた。そう確信している。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆