連載
» 2020年12月10日 07時07分 公開

書くのが苦手で嫌いだった私が、なぜ書けるようになったのかビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[上阪徹,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 発見の1つは、「立派な文章を目指す必要はない」ということだ。時間がかかることをはじめ、多くの人の悩みに共通しているのは、文章に対して肩に力が入り過ぎていること。うまい文章、立派な文章を書こうとして、四苦八苦するのだ。

 しかし、考えてみてほしい。ビジネスで日常的に使う文章に、誰がうまさや立派さを求めているか。そんなものは誰も求めていないのだ。にもかかわらず、みんながこのわなに陥るのは理由がある。小学校の作文教育の呪縛である。

 実は小学校以来、ほとんどの人が文章を習っていないのだ。だから、あのときの教科書が標準になってしまっているのである。そんなものは誰も求めていないのに。小難しい評論文もいらなければ、新聞の1面の中ほどにあるエッセイのような文章もいらないのに。

 もとよりあれは、プロの文章家が書いたものである。DIYが趣味の人に、プロの大工さんの仕事を求めるようなものなのだ。文章は誰でも書けてしまうから、こういうことが起こる。まずは、この呪縛から逃れることだ。

 そして発見の2つ目は、文章は何からできているか理解することである。多くの人が「どう書くか」に頭を悩ませ、時間を使うのだが、大事なところはそこではない。「何を書くか」なのだ。私は、これを文章の「素材」と名付けた。書けないのは、「素材」がないからだ。

 そして何からできているのかに気付けないと、「素材」を目を向けずに、表現やら言葉やらにばかり目が向いてしまう。一生懸命に表現する言葉や形容する言葉を思い付こう、思い出そうと悪戦苦闘する。そんなものはいらないのに、である。

 象徴的な例を挙げておこう。求人広告のコピーで新人が必ずやってしまうコピーだ。

「当社は、とてもいい会社です」

 確かにいい会社なのである。だから、思わずこう書いてしまう。そして「いい」に置き換わる言葉を探そうとする。すてき、素晴らしい、とんでもない、類を見ない、びっくりする……。これを考えるのが、いかに大変かは、多くの人が知っている。

 では、「素材」に目を向けるとどうなるか。

  • 創業以来10年間、2桁の増収増益が続いている
  • この10年間、社員が1人も辞めていない
  • 社長が誕生日にバースデープレゼントをくれる

 どうだろう。「いい会社」「素晴らしい会社」「すてきな会社」といわれるのと、どちらが伝わるか。この話をすると、目からウロコが落ちる人が多い。必要なのは書く力ではなく、素材だったのだ。

 本の書き方を学ぼうと本を読む人は多い。しかし、私は1冊も読まなかった。読んで書けるとは思わなかったから。パラパラめくって、そう感じていた。そして、本当に書けるようになる文章の本を作りたかった。『文章の問題地図』は、そういう本になっている。

 私自身、文章を書くことを仕事にして、だんだん実感していったのは、この思いだった。

「なんだ、これで良かったのか」

 本で紹介するポイントに気付ければ、誰もが私と同じ感想を持つだろう。そして、スラスラと文章を書いているはずである。

著者プロフィール:上阪徹

1966年兵庫県生まれ。リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスに。著書に『メモ活』『成城石井 世界の果てまで買い付けに』『職業、挑戦者 澤田貴司が初めて語る「ファミマ改革」』『JALの心づかい』『文章の問題地図』『10倍速く書ける 超スピード文章術』など多数。インタビュー集に『外資系トップの思考力』『プロ論。』シリーズなど。他の著者の本を取材して書き上げるブックライター作品も80冊以上に。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆