連載
» 2020年08月06日 07時07分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:未来を創るプレゼン――最高の「表現力」と「伝え方」 (1/2)

過去、現在、未来を意識し、行動してみてほしい。

[伊藤羊一, 澤 円,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


「未来を創る」ということについて(伊藤 羊一)

『未来を創るプレゼン――最高の「表現力」と「伝え方」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトに移動します)

 こんにちは、共著者の伊藤羊一です。

 私からは、本のタイトルにもある「未来を創る」ということについて、話をします。

 リーダーの皆さんが仕事で人に話す機会は、たくさんあると思います。どんな話に価値があるのでしょう。

 過去のことを単に報告しても、それだけでは、あまり意味はないでしょう。それだけでしたら、リーダーの口から話を聞く必要がないからです。

 「また東京は新型コロナウイルス感染者が増えてきましたね」といった世間話も、それだけでは意味がないでしょう。「だからどうしたの?」という話です。

 では何を語ることに価値があるのか。

 リーダーは「未来を語る」ことに価値があるのです。

 そもそもを考えてみますと、リーダー(leader)とは、リード(lead)する人です。「未来」に向けてリードするのです。

 ですから、「未来を創って語る」のが、リーダーなんです。当たり前ですよね。当たり前のことなので、多くの方が無意識にこれをしています。そうではなくて、意識して行うことに意味があると私は考えます。

 未来はどうやって創っていくか。

 未来を想像することは大事です。ですが、経験を積まれている皆さんは、「未来への憧れ」を想像するだけで未来は創ることはできないことは、お分かりと思います。

 それ以上に重要なことは、今、自分が大事にしている想いに基づき行動し、行動し、行動する。そして一つ一つの成果が積み上がっていき、結果、未来は創られていくのです。

 では、その「大事にしている想い」は、どこから来ているのか。

 無から生みだすものでも、天から降ってきているのでもありません。ご自身が過去、人生を送り、ワクワクし、楽しみ、苦労し、つらい思いをし、成し遂げ、ということが積み重なり、現在の「大事にしている想い」になっているのです。

 としたならば、「過去」の経験が、「現在」の大事にしている想いにつながる。その「現在」の大事にしている想いに従い行動することで、「未来」を創っていく。

 ご自身の組織のことについても、また自分自身についても、「過去」を振り返り、「現在」大事にしている想いを知り、「未来」に向けて行動していく。過去こんなことがあった。だから現在、私はこういう想いを持っている。現在のこの想いに従って、こういう未来を創ろうと、今、私は行動している。

 これがリーダーがすべきことであり、リーダーが語るべきストーリーです。

 過去―現在―未来を意識することで、自身の取り組みに自信が生まれますし、そしてチームや、周囲に対する説得力が生まれます。ぜひ、「未来」だけを考えるのではなく、「過去」を振り返り、そこから「現在」大事にしている想いを知り、「未来」に向けて行動する。これを意識しながら、仕事し、そして語りかけてみてください。

 未来は予測するものではなく創るもの。ぜひ、私たち一人一人の想いと行動で、すてきな未来を創っていきましょう。

解像度を高めて話すということ(澤 円)

 こんにちは、共著者の澤です。私からは、「解像度を高めて話す」ことの大事さについてお伝えします。

 普段の会話の中で「いつも」「たくさん」「みんな」という言葉、よく出てきませんか? あるいは「自分も結構言ってるな……」と思った方もおられるでしょう。

 別にこの言葉そのものがいけないということではないのですが、この「曖昧さ」を意識することで、「伝えること」のヒット率は、確実にあげることができます。

 「いつも」「たくさん」「みんな」といった言葉は、極めて主観的かつ感覚的な表現です。

 例えば「いつも」というのはどの程度の頻度を指しているのかは、人によって違います。「あなたはいつも仕事でミスをしますね」と誰かから言われて、「はい、いつもミスをします!」と納得できるでしょうか。「いつもってなんだよ、100%ミスするみたいな言い方して、不愉快だな」と思ってしまっても無理はないでしょう。

 かくも、曖昧な表現は「相手との合意」が難しくなるものです。

 「伝える」ことのヒット率を上げたいのであれば、もっと具体的な言葉を使う習慣づけが大事です。

 「いつも」がどの程度の頻度なのか、数値化するだけで説得力が高まります。特に、ミスを指摘するときなどは「ここのところ、3回同じミスが続いていますね。原因を一緒に考えませんか?」と伝えれば、相手も改善策を受け入れやすくなるのではないでしょうか。

 これを私は「解像度を上げる作業」と呼んでいます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆