連載
» 2021年09月16日 07時05分 公開

結果を出す人はスケジュールに予定ではなく「〇〇」を書くビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(1/2 ページ)

スケジュールに追われて来る日も来る日も、あるスケジュールをこなすだけの人生。それでは成長しないし夢はかなわない。夢を現実化させ結果を出すにはどうしたらいいのか?

[野呂エイシロウ,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


やるべきことを先延ばしにしてしまう

『先延ばしと挫折をなくす計画術 無敵の法則』

 以前の僕は、スケジュールに追われていました。スケジュール表は単なる予定表でした。来る日も来る日も、あるスケジュールをこなすだけの人生でした。でも、それでは成長しないし夢はかないません。

 夢を現実化させるのにはどうしたらいいのか? そんなことを研究するようになって10年ぐらいたつでしょうか。小学校や中学校では国語、算数、理科、社会は習いますが、「夢をかなえる」「幸せになる」という手法を習いません。だから自分で考えるようになったのです。

 ノートに夢を書いたり、神社でお祈りをしたり。そんな試行錯誤をしても、やはり夢はかないません。

 大学受験の時に僕は10校以上受けたのですが、ことごとくオチました。高いおさい銭を投げ、御札やお守りを買って祈ったのですが不合格でした。そこで痛感させられたのです。「夢を抱くだけではダメだ。行動が全てだ」。

 現役でいい大学に入り、いい企業で出世する。そんな僕の夢は絶たれました。夢をかなえるには、力をつける必要性があることを高校3年生で目の当たりにするのです。

 以来、「行動しよう」と決意したのですが、うまくいきませんでした。なぜなら、先延ばしにしてしまうからです。そしていつの間にか夢を忘れてしまうのです。日常生活をしていると、夢を忘れてしまうことが多々あります。仕事の目標、ダイエットの目標、人間関係のことなど、どんどん忘れてしまいます。そんなものです。

 あなたはどうでしょうか?

行動が劇的に変わるスケジュールの書き方とは?

 そこで僕は、スケジュールの書き方をこう変えました。単なる行動の予定ではなく、その予定を入れた目的を書くのです。

 何のためにこの予定があるのか? なぜ実行するのか?

 それを具体的にスケジュールに書くようにするだけで、実行力があがります。集中力があがります。行動の速度もあがります。

 例えば、スケジュールにただ「会議」と書くのではなく、「1億円のプロジェクトを実現するための企画を通す」と書く。「接待」と書くのではなく、「〇〇を買ってもらうための食事をしながらのミーティング」と書く。

 これらは全て、自分の夢や目標、やりたいことにつながっています。では企画を通すためには今から何をすべきなのか、商談を成功させるためにはどんな準備が必要なのか。そんなふうに考えていくと、どんどんスケジュールはやることで埋まっていき、夢や目標へ着々と向かっていくようになります。

 仕事だけでなく、プライベートの細かな予定もきちんとスケジュール化して、目的を書いてみてください。僕は家族とご飯を食べに行くときにも、どんな話をしようか考えて書いておきます。スーパーに買い物に行くときも、大好きな桃を買う、などと書きます。

こうすることで、日々「当たり前」に思っているささいなことも、その行動の意味や価値が大きく変わってくるはずです。

 もう一つ大事なのは、夢をメモしておくことです。僕には現在287個もの夢があり、毎日チェックしています。日常のあらゆるスケジュールと、287個の夢がつながっている。そのことを常に可視化しておくことが、夢の実現につながるのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆