戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方

「戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方」の連載記事一覧です。

戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:

変化の激しいこの時代、ビジネスの継続、拡大にイノベーションが必要だといわれている。それは分かるが、ではどうすればイノベーションが起きるのか。イノベーションが起きる7つの機会とは。

【細川馨(ビジネスコーチ) , ITmedia】()
戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:

戦略を実行するためには、ゴールを具体的に描く必要がある。日時や数値を明確に表示し、チームで共有する。さらにゴールに向け戦略を実行に移す。課題を解決しながら進めればゴールが近づいてくる。

【細川馨(ビジネスコーチ) , ITmedia】()
戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:

ミッションは浸透し、日々の行動に落としこまれていなければ何の役にも立たない。ミッションが浸透していないと感じるのであれば、その方法を考える必要がある。

【細川馨(ビジネスコーチ) , ITmedia】()
戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:

戦略を実行するためにプロジェクトチームは欠かせない。どのような人材を配置すべきか。リーダー、参謀、メンバーとそれぞれに求められる資質がある。

【細川馨(ビジネスコーチ) , ITmedia】()
戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:

組織の循環モデルには、グッドサイクルとバッドサイクルがある。リーダーの行動変革を通して、部下との信頼関係を築き「関係の質」を高めることでグッドサイクルを目指す。

【細川馨(ビジネスコーチ) , ITmedia】()
戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:

会社の目的は明確になっているだろうか。社員は理解しているだろうか。それを知るためには適切な質問を投げかけ、「話を聞く」ことが大切。経営に最も重要な5つの質問とは?

【細川馨(ビジネスコーチ) , ITmedia】()
【新連載】戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:

企業にとって戦略が重要なのはもっともだが、その戦略を実行し求めた結果を得ることがさらに重要だということを忘れていないだろうか。

【細川馨(ビジネスコーチ) , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆