グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から

「グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から」の連載記事一覧です。

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

近年行動経済学が注目されているが、例えばものを購入すると際、合理性ではなく感情が絡むことが多々ある。「何か分からないけれど、なんとなく引かれる」そう感じるとき人は行動に移すのではないだろうか。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

何を考え期待しているのか、目指すべきゴールはどこか。これらを、常に明確に示すことがリーダーとしての必須要件だ。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

「2週間後に100%のものよりも1週間後に80%のものがいい。」刻々と変化する今、早く実行に移す方法が求められている。残りの20%は一緒に議論しながら埋めていく。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

孔子は「善く戦う者はこれを勢に求めて人に求めず」という言葉を残している。組織に勢いがあれば勝つことができる。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

情報が氾濫する中、必要な情報を拾い上げ、分類し、的確に伝達する能力が求められている。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

成功している人は、多くの仲間を巻き込み、思いやり、仲間が活躍できる場を提供している。自分1人で成功しているわけではない。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

価値ある情報を発信し、対話をする企業や人を応援したいと思い、その企業の商品やサービスを利用したいと考えるようになる。継続は力なり。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

日本人は言わないでも相手が分かるというがそれはまったく通用しない。黙っていると無能だと判断される。絶えずアピールし、価値観の違う人たちと闘うためには。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

ハードパワーを行使すれば命令通り行動しその場は収まるかもしれないが同じことの繰り返しになる。本人が気付き行動が改善するには何が必要か。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()
グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:

さまざまなバックグラウンドの人と渡り合う時いかに効果的に話し、説得させられるかと考えがちだが、相手が考えていることを知らずして説得はできない。信頼関係は相手の話を聴くことから始まる。

【林正愛(アマプロ) , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆